FC2ブログ

ゴミ箱.net

汚物は消毒

探偵!ナイトスクープ感想 ~世の中には同じ顔が3人いる~

2018年9月7日に関西地区で放映で放映された「探偵!ナイトスクープ」の感想。

【メキシコ人留学生ホセの日本人探し】
38年前にメキシコに来て、ホセの父とその両親が世話になった日本人夫妻。夫のほうは橋本探偵に似ている…w
ホセの父を気に入って、日本で留学したときに住む部屋まで用意してくれたが、留学する金がなくて断念したらしい。
ホセの祖父が、娘に日本人の奥さんのほうの名前を付けるぐらいだから、よっぽど親しかったんだろう。
ホセの祖父も生前探してほしいと願っていたが、3か月前に心臓発作で死去。惜しかった…。もうちょっと頑張れればなぁ。
本人や家の写真が残っており、住所も分かっているが、ネットで航空写真を調べても見つからなかったらしい。あ、Googleマップやな。

住所の近くで聞き込みしたところ、美容院に奥さんが来ており、そこから情報を得て会うことができた。おかげで見つかったが、気軽に個人情報を教えるなぁという感じはある。
写真のまんまの家が残っていた。
年は取っていたが夫妻も健在。ホセの一家ともテレビ電話越しに再会も果たせてめでたし。

【家のどこかにいる!?脱走した巨大ヤモリを探せ!】
飼っていたニューカレドニアジャイアントゲッコ―のつがいのオスだけ脱走。
家は熱帯魚の水槽やらプラ舟のカメやら、カエルやら生き物だらけ。獣臭がするとか…w
石田探偵と撮影スタッフの嫌がりようがガチ。

洗濯物をそこらに放置したり、カバンの中に明るい大人計画の残滓を放置したりだらしない。だから脱走して見つけられないんだぞ。彼女に3か月前振られたのももっとも。それ以前によく作れたな…
クローゼットの中の服にへばりついていたのを見つけて無事確保。服の上でフンとかしてたんだろうな…。外に逃げてなかったのだけは幸いだ。

【雨の日は歩く?走る?濡れないのはどっち?】
露骨な尺稼ぎが酷いw
依頼者によると雨の強さの段階はどしゃぶり、ザーザー、サーサー、雨、しとしと、パラパラ。擬音語に混じるただの「雨」w

まず実際に依頼者が雨の中を走って測定。雨の強さは「雨」。走って70.75kg。歩いて70.55kg。無慈悲に晒される体重w
体重が減るのは汗で蒸発している疑惑をぬぐえないため、着替えてもう一度実験。2回目走って70.45。うーん、ただの誤差では。

条件を安定させるため、一定の雨量を降らすシャワーブースで実験。だが走ると言っても、公衆トイレの個室並みの狭さの空間で足踏みするだけ。足踏みの意味あるのか?
田村探偵に交代して、雨を吸った服の重さの差を測定。
乾燥重量は81.75㎏、歩いた場合は91秒かけて83.50kg、走った場合は30秒かけて83.40kg。走ったほうが100g軽いという結論。そら(時間が短かったら)そう(水分量も減る)よ。ただ水分量が時間に全く比例していないので、やはり誤差が大きそう。

理論上は、濡れる量は体が通過する空間中の雨粒の量と、頭上から降り注ぐ雨の量で決まる。前者は歩こうが走ろうが同じ。後者は雨に打たれる時間に比例する。なので走ったほうが濡れなくて済むはず。シャワーブースだと前者が考慮されないので実験として不適切。さらに、濡れる量が全て吸収されるとは限らないという問題もあるので測定誤差はより大きくなるだろう。
もうちょっとちゃんと実験してほしかったなぁ。

スポンサーサイト

PageTop

探偵!ナイトスクープ感想 ~人生に遅すぎるということはない~

2018年8月31日に関西地区で放映で放映された「探偵!ナイトスクープ」の感想。

【大失恋から生まれたオリジナルソング】
元恋人との800枚の写真を撮った携帯を捨てられない依頼者。職場で泣いたり、2日に1回していた掃除が3週に1回になったりとか傷は深そう。
なお曲。橋本探偵いわく、中学生の頃に誰でも1回作ったことのある曲らしいw しかし、だからこそ共感できるんやろなというフォローをしたのはさすがだ。

観客として同様の依頼を書いてきた人2人を召喚。
その1人は奥さんに去られ、その際に元奥さんは家の鏡に詩らしきものを残していったらしい。自己陶酔もはなはだしいな。
もう1人は彼女に二股をかけられ、しかも相手の方と婚約までしていた。どういう神経してたら去り際に「前へ進んで」なんて言葉を残せるんだろうな。

同類2人を前に歌を披露する依頼者。
女々しい歌詞にイライラする。なんで自分を捨てたクソに恩返ししないといけないんだ。やるべきは復讐ではないのか。相手のことを忘れ去ることが最高の復讐。
だが2人には刺さっている模様。

最後のケジメの儀式。
3人がそれぞれ元嫁が詩を書いた鏡、元彼女に送ろうとしていた手紙、彼女の写真が入った携帯を破壊。
幸あれ。

【54歳独身男性がチアリーディングに挑戦!】
就職に失敗してフリーターを続け、結婚もできず友達もいないという詰んだ状況。
魅せられたチアリーディングに挑戦することで、人生の嫌なことを忘れて前に進みたいということらしい。
だが女物のチアリーダーの服をなぜ持っている。そういうとこやぞ。

チアリーディングチームに連絡するも、未経験で危険ということであえなく断られる。まあ普通は断るわな。
だが明治大学の男子チアリーディングチームが救いの手を差し伸べてくれた。
こんな怪しい依頼者を馬鹿にするでもなく、少なくとも表面上は普通に受け入れてくれた。指導も丁寧だし。「才能あると思います」とかはほめ過ぎだろうw

本番。明治大学の面々は練度が違う。
そして依頼者を頂点に3段ピラミッドを成功させる。
依頼者いわく、やっと生まれ変われた気がしましたと。3段ピラミッドができたとしても実質的には何の意味もないが、こういう小さい成功体験がこういう自信を失った人には必要なんだろう。

【51歳の切実な願い…ウィンクができるようになりたい】
ウィンクしていい年齢の賞味期限と自嘲する依頼者w
だがその動機は銀婚式で夫に感謝の言葉に添えて披露したいという健気なもの。

試しにやってもらうと完全に両目が閉じている。
物理的に片目を動かさないようにする作戦も無駄。
おなじみ谷先生によると顔の上下で脳の使う場所が違うので上半分は同時に動きやすいらしい。別に動かすような動きは成長で学び取っていくらしいが年齢が…。
それでも顔ヨガ協会の人による1時間の訓練でできるようになった。人間ってすごいなw
夫に愛を伝えてウィンク。今度はウィンクに見えるぞ。やったぜ。

PageTop

探偵!ナイトスクープ感想 ~関西人は生理的に擬音が好きです~

2018年8月24日に関西地区で放映で放映された「探偵!ナイトスクープ」の感想。

【思い出のラーメンを病気の母にもう一度】
「画竜軒」という店の、コチュジャンとコーンが入った「コーンコッチ」というラーメンを食べさせたいらしい。だが店は消えていて料理人も行方知れず。
7、8年前の情報では陶芸家になって旭川に引っ越したらしい。苦労しそうだと思いきや、旭川の「陶芸の里」で聞き込みしたら一発で分かった。よっぽど有名なのかと思ったら現地の陶芸協会の会長らしい。そりゃわかるわなw
依頼者の家は「2階でタマネギよう炒めてたうち」として覚えられていたw なお違う人だった模様。

店を閉めて28年間経っており同じ味ができないと渋る店主を、「お父ちゃんが作ったら画竜軒のラーメンになる、魔法がかかる」と説得する奥さん。いいこと言うわ。
調理場として、当時の常連だった子供で、今はラーメン屋を開いている人の店を借りることに。そして鶏ガラを仕入れるために当時取引していた業者に行ったり。
ラーメンは我流らしいが、店を閉じて28年経っても依頼者の母親や常連の子供や鶏ガラの業者に覚えられていて…すごい人なんじゃ…
ブランクをものともしない店主。作り方が完全に体に染みついている。

詳細を伏せて母親を店に連れてきた。作っている人があの店主だと気づいてびっくりする母親。
今回限りとはいえ思い出の味に出会えた母親は幸せ者だ。

ケルンのダークチェリーとヨーグルトクリーム?の乗ったデニッシュが食べたいが、なくなったんだよなぁ…

ん?店主本人がブログで画竜軒のこと書いてるがな…ググれば一発だったのではと思ってはいけない。ナイトスクープはITの力には決して屈しないのだ。

【崩壊するベッドを直して!】
夫婦で同じベッドなのに自分のほうだけ崩れる。素人の下手な修理で修復不能になってないかこれ。
リモコンの電池を抜いたり自然の雨水でタッパーを洗ったりするドケチなのはいいが、出すとこは出そうぜw

ホムセンで木材を買って修理。
依頼者が作業すると釘打ちがことごとく外れたりネジが折れたり。不器用すぎる。できないなら技術を金で買え。
当初はたむら探偵に全ての作業をやらして自分は庭でバーベキューとしゃれこむつもりだったらしい。クソ野郎がw
とりあえず完成したら、依頼者が探偵をベッドに誘う。調子乗りうざいわw
さらに調子に乗って上で飛び跳ねたら割れた音が…w

結局、ほぼフルスクラッチで作り直し。子供が跳ねても大丈夫な強度にはなった。
帰ってきた奥さんに対して自分一人でやったように話す依頼者。
だが奥さんは夫のいびきがうるさくて離れて寝たかったらしく、ベッドが修理されたことをあまり喜んではいなかったw

【住宅街にヤギの鳴き声!?】
立派なお宅のある閑静な住宅街に、どう聞いてもヤギの鳴き声にしか聞こえない音がする。近所の人は聞いていないと言う。
だが聞き込みしたところ、普通に裏にヤギを飼ってる家があったらしい。そら(ヤギがいたら)そう(ヤギの鳴き声がする)よ。

飼い主は男前のハーフ。
もともと草刈りのためにヤギを飼い始めたらしい。「草がぶわー」という表現は関西の血やな。
しかし、今は刈る草がなくなってしまい、わざわざ餌を仕入れているという本末転倒な状況になっているらしいw

PageTop

探偵!ナイトスクープ感想 ~依頼者のボトムス~

2018年8月3日に関西地区で放映で放映された「探偵!ナイトスクープ」の感想。

【7年前に託されたスリランカ人の依頼】
あるスリランカ人から象の置物を自分の命の恩人の日本人に渡してほしいと託された依頼者。しかも2体。いい迷惑なw
そのスリランカ人は、命の恩人の名前をアピールするためにトラックにでかでかと名前を書いて走り回っているらしい。ほとんどのスリランカ人は漢字を読めないだろうことが救いだ。

その命の恩人の電話番号をもらっていたが繋がらない模様。
唯一の便りの綱は新潟在住の通訳の人。その父親がうまい具合にスリランカに行っていて、テレビ電話経由でそのスリランカ人にたどりついた。
スリランカ人は今まで象を渡せていなかったことをまったく気にしてない。電話番号も数字が1つ間違っていたらしいが、それを知って笑いだす始末。おいw
ようやく本人にたどり着いて象を無事渡せた模様。本人は自分の名前を書いたトラックを見て爆笑w しかも漢字が違うという素晴らしいオチ。
…象をもう1体追加!?

何というか、すべてにおいて雑というか大らかというか。スリランカの国民性なのか、この人が特に雑なのか。

【開けたら絶対に割れる食器!?】
某デラックスなタレントを彷彿とさせる依頼者。
地震のせいで、父の形見の十三代源右衛門とか今右衛門とか市野信水とかボヘミアンガラスのグラスとかロイヤルドルトンの馬とかの高価そうな割れ物が、戸棚を開けたら確実に落下しそうな位置に…w その棚自体も高級品。
すでに自力救済を試みて何個か割ってしまったらしい。もったいない…

依頼者の次男が帰ってくる。職業は「SMの調教師」。この世にそんな職業あるのかw しかも母親は知らなかったらしい。衝撃すぎるカミングアウトだ。大学は早稲田らしい。本人の自由とはいえ、もうちょっと堅気のしごとはなかったのかw
そしてなぜかキダタロー登場。真栄田探偵「死んだの?」化けて出たわけちゃうぞw 近所だから覗きに来ただけか。
躊躇なく開けて1個掴み取って救出するキダタローGJ…と思ってたら調子に乗って落としたw 割れなかったのでセーフ。
ここで両開きの棚が片方だけ開けられることに気づく。今まで気づかなかったのかよw

開けた勢いで外に敷いた布団に落とす作戦で湯呑を救出成功。
3個重ねのおちょこ。いじっているうちに落ちて嫌な音がしたが割れてない。結果オーライ。
グラスと馬。棚全体を傾けて倒れているのを直そうとする。馬は直立したが、棚を傾けすぎて逆方向に倒れる。落ちる心配はなくなったな。残ったグラスは紙をクッションにして下に敷いて、少し開けたすき間から手を突っこんでグラスを掴む。なんで一番不適切な依頼者がやるんだw …掴めた。

奇跡的にどれも無事だったが、正直言って運が良かっただけとしか…

【あっという間に閉まる…トイレに勝ちたい!】
自動でふたが開くセンサー付きトイレの調子が悪く、座る前にふたが閉じてしまうのに勝ちたいという64のおっさん…アホ以外の何者でもないw
「母親変われば地球が変わる」という謎の標語。あっ…ヤバい人だな?

2.66秒で閉まるトイレに勝つため、尻を出して座るまでの時間を減らすため特訓。
好タイムが出たので依頼者が挑むが無理だった。
時間短縮のためパンツ一丁の状態から始める。おっさんのビキニパンツは放送事故だろうこれw それでも勝てない。
さらに時短のため葉っぱだけになる。苦闘の末にようやく成功。ロッキーのテーマが穢れる…w
ただ、この方法にはずっとその格好でいなければならないという致命的な弱点が。

そこまでしなくても普通の格好で成功したアルバイトの女性がいるらしい。
脱ぎやすいスウェットを履いて、パンツとスウェットを同時に脱いで同時に座るのがコツらしい。
そのやり方で寛平探偵も成功。
依頼者もチャレンジするが、早すぎて尻をふたに乗せてしまうこと2回。ようやく成功。

最後に寛平探偵いわく「最低でしょ?」 …せやな。

うーん、最初から出すとか、座ってから脱ぐとかすればいいのではw

PageTop

探偵!ナイトスクープ感想 ~ティーケージー~

2018年7月27日に関西地区で放映で放映された「探偵!ナイトスクープ」の感想。

【どこかで卵を産んでいる?我が家の脱走ニワトリ】
自然に魅せられ自給自足の無職とな。庭の看板にピースマークが描いてたりするし、ヒッピーというやつらしい。
親は自分で好きにやってるわけだが、否応なしにつきあわされる子供は大変だなw

依頼者はニワトリを5羽飼っていてゴエモンとかヤエとか。残りはエビス丸でもサスケでもなく、チョコ、シナモン、ラブというらしい。このラブが脱走しては卵を外で産んでいるようだ。

ラブにGPS装着。人間をつついたりせず、おとなしいのかと思いきやめっちゃ暴れ出す。GPSを断念し、古典的な尾行で追跡することに。
庭から出るときに脱走防止用の網を脚で踏んで押し下げて通っている。帰りも同じようにやっていたし、分かってやっているとしか思えない。3歩歩くと物を忘れるとか言われてるが、足で踏んで通路を確保するということを理解しているのは知性の証拠だ。
近くの草むらに入って、そこで卵を産んで戻ってきたと思いきや卵はなかった。
仕方がないのでシナモンの卵をTKGにして食べるたむら探偵。依頼者の子供に「5口で食べてくれてありがとう」と言われる。イヤミか貴様ッッ!核があるので有精卵だと言っていたが、無精卵にも普通にあるとのこと。

次の日だとラブもちゃんと卵を産んでたのに…単にTKG食べに行っただけで終わってしまった。

【私が出会ったのは桂雀々?島田一の介?】
6年前にフルフェイスのヘルメットをかぶった人を見かけた依頼者だが、桂雀々か島田一之介か分からないらしい。
…似てるか?現に顔写真にヘルメットかぶせてみてもあまり似ていないような。

本物で検証。2人ともこんなしょうもないことで呼びつけられて難儀やなw
最初はフルフェイス、次はジェットヘルメット、最後にハーフヘルメットと徐々に露出が上がってくる。最初のほうは目だけしか見えないので誰かも分からなかったが、さすがに最後まで来たら分かるわw
依頼者に面通ししたら、6年前に見たのは島田だったらしい。

なお結果は雀々でも島田でもない全く別人だった模様。
両名とも依頼者がバイクを見た場所に来たことはないと。なら最初からそう言えよw

【妻の手料理を何でも美味しいという夫】
いつか不満が爆発するのではないかと危惧する依頼者。
明らかに濃いみそ汁も美味しいという。…我慢してるなこれ。

依頼者の夫に赤味噌と合わせ味噌の味噌汁のどちらが好きか聞くと、合わせ味噌のほうが好きとのこと。
コロッケにソースはかけない。アメリカンドッグもプレーン。
どうやら薄味好きの人らしい。ますます怪しい。

まずいと言わせるために意図的に変な味にした料理を食べさされる夫。
だが、塩味の濃い味噌汁を飲ませても美味しいと言う。
次に砂糖と塩を間違えた照り焼き。
最後に砂糖ペペロンチーノでとどめ。うまいと言えるかあれをw…と思ったら、「はっきり言ってまずいです」w
やはり気を使っていたのか。
ただみそ汁は普通にいけると言っていたので、どうも気を使っているのと味覚が死んでいるのと両方混じっているらしい。

ただのメシマズなら、言って改善してもらうのも言わずに平和を保つのもどちらもありだろう。
ただ塩分過多系のメシマズだけは命を削るので気をつけよう。

PageTop