ゴミ箱.net

汚物は消毒

探偵!ナイトスクープ感想 ~宇宙で一番ヤバい奴~

2017年11月10日に関西地区で放映で放映された「探偵!ナイトスクープ」の感想。

【明治大学の校歌を愛する男】
明治大学と何の関係もない依頼者だが、たまたま耳にした明治大学の校歌に魂を揺さぶられてしまったらしい。
こう書いては身も蓋もないが、正直に言ってどこにでもありふれた校歌の1つにしか聞こえない。もちろんそこの学生やOBの中には校歌を愛する者も多いだろうが、それは自分がその組織に属していたという文脈あってのものであり、歌に対するニュートラルな評価ではない。だがこの人は純粋に歌として明治大学の校歌を気に入ってしまったわけで、そこが奇妙である。
そしてなお理解できないのが、自分には何の縁もないOBたちと一緒に歌いたいという希望である。自分と何ら繋がりのない人と一緒に歌って楽しいんだろうか?

明治大学のOBの集会に入れてもらえることになった依頼者。
なぜか母校の校歌を歌いだす闖入者に対し、OBたちは最初「は?」という顔だったが、じきに手拍子をしてくれたり自分も一緒に合唱してくれたりした。
やさしい世界。

【家から出て行かない元カレを追い出して!】
依頼者の元カレは学校に女装して来たり全身スイカメイクをしたりする奇人らしい。依頼者は当初はそれを面白いと思っていたようだが、束縛の強い彼に対して依頼者が愛想を尽かして別れることになった。にもかかわらず彼女の家に居座って住み続けているという。人としてどうなんだろう。

だがその当の彼に話を聞くとどうも印象が違う。依頼者の家に住んでいる代わりに、1人では何もできない彼女の代わりに家事を全部やっているとのこと。
あれ?いい奴じゃないか。むしろ彼に依存している依頼者に非があるんじゃないのか?

元カレはまだ依頼者のことが普通に好きらしい。奥さんみたいに思っているとのことだが、別れた交際相手に対して思うことではない。
依頼者のほうは元カレに全く未練がない模様。だが元カレの脳内では嫌よ嫌よも好きのうちと都合よく解釈されているようだ。
最終的に元カレを追い出すことには成功した。この手の問題には毅然とした態度を示すことが肝心なのだろう。

この男の恐ろしいところは、すべてを自分の都合のよいように捻じ曲げて解釈してしまうその思考である。
そして、明らかに自分に非があるにもかかわらず、悪びれることもなく堂々としているので、悪いのはこの人ではなく相手のほうなのではないか?と見ている者に錯覚させてしまうところも恐ろしい。ペテン師に騙される人の気が分かった気がする。
スタジオでも彼に対して「切ない」と言う声が上がっていたが、いやいや全く切なくない。
この人、そのうち依頼者に復讐しに来たりしないだろうな。

【誕生日を祝ってほしい男 再び…】
3年前に「39歳独身男の誕生日会」という依頼に出ていた依頼者のアフターフォローをお願いする依頼。
ただし今度の依頼主は第三者というところに闇を感じる。

彼には友達も彼女もいないとのこと。申し訳ないが彼の言動を見ていたらそれも致し方ないと思ってしまう。
強く感じたのは、彼の話し方は人との距離感がおかしいということ。酔っていたりテレビに出ていてウケ狙いだったりという理由はあるにしても、特に親しい間柄でもない田村探偵に対して馴れ馴れしくタメ口で話すところに嫌悪感を覚える。そして口調もきつい。twitterの相互フォローを切った田村探偵に非があるとはいえ「お前フォロー外したろ!」みたいな口の聞き方はない。

こういうのは本人にはどうしようもないのだろう。自分も対人関係の距離感を掴めない点で似たようなものだから苦悩は理解できるつもりだ。
しかしそのことと、彼に対して好感を抱けるかどうかは別だ。普段からああいう感じで人に接しているせいで誰からも敬遠されているのだろうと容易に想像はつくが…
こちらは本当に切ない。

スポンサーサイト

PageTop

探偵!ナイトスクープ感想 ~弱い犬ほどよく吠える~

2017年11月3日に関西地区で放映で放映された「探偵!ナイトスクープ」の感想。

【ヤンキーチワワを散歩させたい】
まさに「弱い犬ほどよく吠える」の言葉通り、他の人や犬にやたらと吠えまくる飼い犬のチワワを何とかしてほしいという依頼。

田村探偵に犬になりきってもらい、犬に対してよいイメージを持たせる作戦。効果あるわけないやろw
自転車を走らせて慣れさせる作戦。大勢のエキストラが犬の前を何往復もする。こちらは効を奏し、次第に吠えなくなった。…単に13往復も見せられて疲れてだけのような。
自分より強い犬を見せておとなしくさせる作戦。土佐犬を連れてきたところ、ビビッてしまったようで完全沈黙ではないがだいぶ吠えなくなった。つまりこれまで人間は舐められていたわけだな。

専門家によると、チワワは臆病なので吠える。相手はチワワのことなど気にせずどこかに行ってしまう。チワワはそれを撃退したと誤って学習してしまう。その結果がご覧の有様だよ!ということらしい。
つまり単にしつけに失敗しただけ。飼うからには責任持って飼えよ…これに関しては無知は罪だ。

【光り輝く泥だんご?】
10年ぐらい前に流行したな。この番組で今更やる価値はない。
そして依頼者の大学生がひたすらうざい。慶応入ったぐらいでイキってて草w これ数年後に自分で見返したら死にたくなるやつだ。若さゆえの自意識過剰ぶりが酷かった。

部屋の中に1トンも砂を持ち込んで公園の砂場を再現してみたり、かりんとうで犬の糞まで再現したり。この部屋どうするんだろう。
そしてガスコンロを持ち込んで湿っている砂を炒めてみたり。
泥だんご自体に関しては今更目新しいものはないと判断したのか、本筋と無関係なところで笑いを取ろうとしているのがありありと感じられる。そういうのはどうもなぁ。

陶芸作家の較大が泥だんごの実演。ちなみにこれで「かくおう」と読むらしい。
砂をふるいにかけてすり鉢で砕くのか。そしてパンスト、牛乳瓶の口で磨く。マリア様でもキスしたくなるほどピカピカになったが、この程度の成果はとっくの昔に誰かが達成していて新味はない。「泥だんご」で画像検索すればいくらでもすごいのが出てくる。
今回はスタッフの志の低さばかりが感じられた。

【82歳の元女子プロ野球選手】
依頼者はかつて存在した女子プロ野球の元選手。
女子プロ野球はスポーツというよりは興業の側面が強いものだったようだ。
募集要項に「容姿端麗」とあるのがそれを強く物語る。(それを説明する時の依頼者の嬉しそうな顔w)
当時の選手の紹介に「野球に不向き」と書かれた選手すらいた。いくら興業とはいえ、仮にもスポーツ選手だろうw
谷岡雅樹さんが女子プロ野球に関する本を何冊も出していて詳しいらしい。何にでもその道の第一人者がいるもんだなぁ。

他チームに在籍していた元投手と1打席の勝負。
結果は三振で勝てはしなかったものの、この年齢であれだけ体が動かせたら大したものだ。
しかも「まだ引退したくないので選手を募集します。募集要項は容姿端麗」とかユーモアも見せる。
ああいう年のとり方をしたいもんだ。

PageTop

あなたが注意する相手はあなたの友達です

おびひろ動物園のマンドリルの展示舎に以下のような注意書きが掲示されていたそうだ。
以下にツイートを引用する。
以下は文字に起こしたもの。
大人の方へ
張り紙を見た方の中には、わざとベロを出したりする人もいます。
若いカップルの男性側や大学生など、
20歳前後の人が多いです。
興味本位で禁止行為をして、もし動物がケガをしたら、
責任を取れますか?
動物園の動物は折の中に閉じ込められているがために、
人間のほうが優位だと錯覚しがちです。
ですが忘れないでください。
動物園の動物は、あなたのおもちゃではありません。
Togetterの以下のまとめも参照。
おびひろ動物園・マンドリル舎のガラスに“大人の方へ”と書かれた注意書きが掲示されている…『大人』による動物への問題行動について意見色々 - Togetterまとめ

かなりきつい口調で書かれており、担当者の怒りが伝わってくる。
おそらくここに至るまでに相当数の不心得者に困らされてきたのだろう。
ただ、残念ながらこの注意書きを見た第一印象は「カチンと来る」であった。

続きを読む

PageTop

探偵!ナイトスクープ感想 ~アニサキスそうめん~

2017年10月27日に関西地区で放映で放映された「探偵!ナイトスクープ」の感想。

【沖縄の風景写真と同じ場所を探して!】
写真には山と田んぼしか写っていない。手がかりは添付してあった場所のメモ書きのみ。しかも写真はかなり古く、地形が変わっている可能性もある。
こりゃ手がかりが少なすぎるわ(アカン)。
ただ、写りこんでいる山の頂上の形が特徴的なので、もしかしたら分かるかもしれないという一縷の希望はある。

あちこち探し回るが、やはり同じ風景はなかなか見つからない。さすがにもっと場所が限定できていないと無理か。
…と思ったら、役場にあった久志岳のパンフレットにたまたま特徴的な山頂の写真が載っていた。なんという偶然。
そのおかげで場所が一気に絞り込めた。なお写真についていた場所の説明書きは間違いだった模様。そりゃ見つからんわけだわw
そして現地にて、写真に写っていた田んぼの持ち主とまさかの遭遇。おかげで撮影場所と方向を完全に特定することができた。
しかし運に恵まれたなぁw 説明が間違っていたにもかかわらず場所を特定できたのも、役場のパンフと田んぼの持ち主と連続で偶然出会えたおかげ。この出会いがなかったら迷宮入りしていただろう。

ところで、2ch界隈には特定班と呼ばれる謎スキルの持ち主たちがいて、何の変哲もない写真からたやすく撮影場所を特定してしまう。彼らならあんな写真からでも場所は特定できたんだろうか。

【筑前煮はウソの味】
姑や小学生の息子らの家族から絶賛される手作りの筑前煮は、実は総菜屋で買ったものであった。
総菜屋の店員によると、そこで買った総菜を自作と偽って出している人はけっこういるらしいw

自作の筑前煮は具が薄切りだったり細切りだったりで見た目からして揃っていない。
竹山探偵作と偽って依頼者の姑に食べさせたところ、「言ってもいい?まずいw」と直球デッドボールを食らう。
今まで偽っていたことを告白して謝ったら、息子が泣き出してしまった。実害がないのが救いだが、今まで嘘をつかれていたこと自体はショックだったろう。
そして総菜屋に教わったとおりに作りなおした筑前煮を出す依頼者。家族からは「全く同じ味」という評価をいただけた。

料理は技術。方法をきちんと学んで手順に従えば、誰でも同じものを作れるようになっているのだ。

【寄生虫 アニサキスを見てみたい】
依頼者がまさかの音信不通で来ないという。それでも放送するのがナイトスクープw
まあ本人いわく体調が悪かったらしいが…

アニサキスの宿主の魚を釣って捌き、生きたアニサキスを入手する計画。
道具をそろえるためにまず釣具店に行く。
妙にノリのいい釣具店の店長。「アジとかサバって知ってはりますか?」w 知らん奴おらへんやろ~w
釣り人に釣った魚をもらいに行ったところ、「アニサキスそうめん」なる恐ろしい提案をいただく。なんぼナイトスクープでもアカンw
なお釣りそのものは非常に単調。無理やり盛り上げてたがどうにもならん。

結局、釣果は0だったので目黒寄生虫館に行って動画と標本を見せてもらってお茶を濁す(アカン)。
本物を手に入れられずに博物館でごまかしたのもアレだし、依頼者が来られなかったのもgdgdすぎる。キダ・タロー最高顧問がおかんむりなのもごもっともである。
アニサキスそうめんを食えとまでは言わんが、もうちょっとやりようがあったんじゃないの?

PageTop

DBに保存したパスワードのハッシュ化アルゴリズムがどんどん陳腐化する件

パスワード認証機能つきのウェブアプリケーションにおいて、入力されたパスワードを照合するために比較用のデータをどこかに持つ必要がある。
パスワードそのものを保存するのはもちろんご法度。なので適当なハッシュ関数を使ってパスワードのハッシュ値を計算し、それをデータベースに保存するようにしていた。

ところが肝心のハッシュ関数が衝突耐性が破られたとかでどんどん陳腐化していく。MD5、SHA1はもう死んだ。SHA256もそのうち死ぬだろう。
かといって、ハッシュ関数をある日突然差し替えたら、それ以前に計算したハッシュ値がことごとく役に立たなくなる。それはユーザに大迷惑なので避けたい。
ならばハッシュ値だけでなく、そのハッシュ値をどのハッシュ関数で計算したかもあわせて保存すればいいわけだが…
車輪を最発明すれば済むだけの話だがそれもわずらわしい。ハッシュ値、ソルト、ハッシュ関数の識別子をどういうフォーマットで保存すればいいのか毎回考えるのも面倒だ。何か標準化された方法はないものだろうか?

そんなことを考えていたら、Apache Commons Codecのクラスorg.apache.commons.codec.digest.Cryptとやらを使えば願いが叶うと聞いた。

String saltedHash = Crypt.crypt(password);
のように書けば、現時点での最強のハッシュ関数を使い、ランダムなソルトつきハッシュ値を生成してくれる。
「アルゴリズムの識別子を含めたソルト」を指定してハッシュ値を計算するには
String saltedHash = Crypt.crypt(password, salt);
だ。

おもしろいことに、上記で出力されたソルトつきハッシュ値自体がソルトとしても機能する。
saltedHash == Crypt.crypt(password, saltedHash);
が成立するので、これを使うことでパスワードの照合ができるのだ。saltedHashには使用したハッシュ関数の識別氏も含まれるため、自動的にハッシュ関数が選択される。

その種はこうだ。
このメソッドで生成したハッシュ値は「$ハッシュ関数の識別子$ソルト$本来のハッシュ値」という形式になる(ハッシュ関数にDESを使った場合は少し違うが些細なことなので置いておく)。
一例を挙げると「$6$fD87BDEQ$duvOn9aGmehUe/psF.nJvDGh7RTh9qC8SbxR7G9iZ1cYMtqKvZDWfM3YMiit18fV9gNzmKq4.RROV6S4fi/i.. 」のような文字列になる。6というのがハッシュ関数としてSHA512を使うことを示す識別子、fD87BDEQがランダムに生成されたソルト、duvOn9aGmehUe…以下が真のハッシュ値である。
メソッドCrypt.cryptの第2引数に上記のソルトつきハッシュを指定すると、2番目の$より後ろを切り捨てて「$ハッシュ関数の識別子$ソルト」の部分だけを残して処理に使うのだ。

なおCrypt.cryptには、「アルゴリズムおよびソルトを指定しないもの」と「『アルゴリズムの識別子を含めたソルト』を指定するもの」があるが、「明示的にアルゴリズムだけを指定するが、ソルトをランダム生成するもの」が存在しない。
たとえば、何らかの事情でSHA1やSHA256などが使えず、あえて旧世代のハッシュ関数であるMD5を使う必要がある場合に、ソルトをランダム生成してパスワードをハッシュ化したい、といった場合にはどうすればいいか。
そのような場合は、使いたいハッシュ関数に応じてクラスMd5Cryptのメソッドmd5Crypt(byte[])クラスSha2Cryptのメソッドsha256Crypt(byte[])sha512Crypt(byte[])などのメソッドをソルト生成用に流用することができる。
先ほど、計算したハッシュ値自体がソルトとして使えると書いたことを思い出してほしい。
これらのメソッドは特定のハッシュ関数を使い、引数で指定したデータに対して「ハッシュ関数の識別子とランダム生成されたソルトを含むハッシュ値」を出力するものである。そして、その値をCrypt.crypt(password, salt)にソルトとして与えることができる。元データによって決まる真のハッシュ値の部分はどうせ使わないので、元データは何でもよい。とりあえず長さ0の配列でも指定しておこう。

SHA512を明示的に指定してランダムなソルトを使ったハッシュ値を得る例を示す。
String salt = Sha2Crypt.sha512Crypt(new byte[0]);
String saltedHash = Crypt.crypt(password, salt);

ちなみにこのメソッド群は、もともとLinuxのcrypt関数を移植したもので、処理も互換性があるらしい。
試してはいないが、上記の方法で生成したハッシュ値はJavaだけでなく、crypt関数を利用したC言語などのプログラムでも同様に使えるのだと思われる。

PageTop