ゴミ箱.net

汚物は消毒

Thunderbird+Enigmailで自動改行を0行にするとはまる


ThunderbirdにEnigmailをインストールしてメールの暗号化や電子署名をしようとしてはまった。
送信するときに、OpenPGPのメッセージ部分に1行おきに余分な改行が入ってしまい、受信しても復号ができなくなってしまった。
どうやら、自動改行を無効にするために、プレーンテキストメッセージを0文字で改行する設定にしていたのがまずかったようだ。



対応方法




  1. Thunderbirdのメインウィンドウのメニューの「ツール→オプション」を選択し、ダイアログを表示する。

  2. ダイアログ上部の「編集」をクリックし、「一般」タブを選択する。
    「プレーンテキストメッセージを**文字で改行する」という設定があるので、0ではなく適当な大きい数を設定する。とりあえず1000にした。

  3. ダイアログのOKボタンを押してウィンドウを閉じる。




Thunderbirdのバージョンは2.0.0.23 (20090812)、Enigmailのバージョンは0.96.0とする。
Enigmailのバージョンが0.95.0の場合、上記の設定値を0にすると警告が出る。68文字以上にする必要があるらしい。

スポンサーサイト

PageTop