ゴミ箱.net

汚物は消毒

探偵!ナイトスクープ感想 ~宇宙で一番ヤバい奴~

2017年11月10日に関西地区で放映で放映された「探偵!ナイトスクープ」の感想。

【明治大学の校歌を愛する男】
明治大学と何の関係もない依頼者だが、たまたま耳にした明治大学の校歌に魂を揺さぶられてしまったらしい。
こう書いては身も蓋もないが、正直に言ってどこにでもありふれた校歌の1つにしか聞こえない。もちろんそこの学生やOBの中には校歌を愛する者も多いだろうが、それは自分がその組織に属していたという文脈あってのものであり、歌に対するニュートラルな評価ではない。だがこの人は純粋に歌として明治大学の校歌を気に入ってしまったわけで、そこが奇妙である。
そしてなお理解できないのが、自分には何の縁もないOBたちと一緒に歌いたいという希望である。自分と何ら繋がりのない人と一緒に歌って楽しいんだろうか?

明治大学のOBの集会に入れてもらえることになった依頼者。
なぜか母校の校歌を歌いだす闖入者に対し、OBたちは最初「は?」という顔だったが、じきに手拍子をしてくれたり自分も一緒に合唱してくれたりした。
やさしい世界。

【家から出て行かない元カレを追い出して!】
依頼者の元カレは学校に女装して来たり全身スイカメイクをしたりする奇人らしい。依頼者は当初はそれを面白いと思っていたようだが、束縛の強い彼に対して依頼者が愛想を尽かして別れることになった。にもかかわらず彼女の家に居座って住み続けているという。人としてどうなんだろう。

だがその当の彼に話を聞くとどうも印象が違う。依頼者の家に住んでいる代わりに、1人では何もできない彼女の代わりに家事を全部やっているとのこと。
あれ?いい奴じゃないか。むしろ彼に依存している依頼者に非があるんじゃないのか?

元カレはまだ依頼者のことが普通に好きらしい。奥さんみたいに思っているとのことだが、別れた交際相手に対して思うことではない。
依頼者のほうは元カレに全く未練がない模様。だが元カレの脳内では嫌よ嫌よも好きのうちと都合よく解釈されているようだ。
最終的に元カレを追い出すことには成功した。この手の問題には毅然とした態度を示すことが肝心なのだろう。

この男の恐ろしいところは、すべてを自分の都合のよいように捻じ曲げて解釈してしまうその思考である。
そして、明らかに自分に非があるにもかかわらず、悪びれることもなく堂々としているので、悪いのはこの人ではなく相手のほうなのではないか?と見ている者に錯覚させてしまうところも恐ろしい。ペテン師に騙される人の気が分かった気がする。
スタジオでも彼に対して「切ない」と言う声が上がっていたが、いやいや全く切なくない。
この人、そのうち依頼者に復讐しに来たりしないだろうな。

【誕生日を祝ってほしい男 再び…】
3年前に「39歳独身男の誕生日会」という依頼に出ていた依頼者のアフターフォローをお願いする依頼。
ただし今度の依頼主は第三者というところに闇を感じる。

彼には友達も彼女もいないとのこと。申し訳ないが彼の言動を見ていたらそれも致し方ないと思ってしまう。
強く感じたのは、彼の話し方は人との距離感がおかしいということ。酔っていたりテレビに出ていてウケ狙いだったりという理由はあるにしても、特に親しい間柄でもない田村探偵に対して馴れ馴れしくタメ口で話すところに嫌悪感を覚える。そして口調もきつい。twitterの相互フォローを切った田村探偵に非があるとはいえ「お前フォロー外したろ!」みたいな口の聞き方はない。

こういうのは本人にはどうしようもないのだろう。自分も対人関係の距離感を掴めない点で似たようなものだから苦悩は理解できるつもりだ。
しかしそのことと、彼に対して好感を抱けるかどうかは別だ。普段からああいう感じで人に接しているせいで誰からも敬遠されているのだろうと容易に想像はつくが…
こちらは本当に切ない。

スポンサーサイト

PageTop

探偵!ナイトスクープ感想 ~弱い犬ほどよく吠える~

2017年11月3日に関西地区で放映で放映された「探偵!ナイトスクープ」の感想。

【ヤンキーチワワを散歩させたい】
まさに「弱い犬ほどよく吠える」の言葉通り、他の人や犬にやたらと吠えまくる飼い犬のチワワを何とかしてほしいという依頼。

田村探偵に犬になりきってもらい、犬に対してよいイメージを持たせる作戦。効果あるわけないやろw
自転車を走らせて慣れさせる作戦。大勢のエキストラが犬の前を何往復もする。こちらは効を奏し、次第に吠えなくなった。…単に13往復も見せられて疲れてだけのような。
自分より強い犬を見せておとなしくさせる作戦。土佐犬を連れてきたところ、ビビッてしまったようで完全沈黙ではないがだいぶ吠えなくなった。つまりこれまで人間は舐められていたわけだな。

専門家によると、チワワは臆病なので吠える。相手はチワワのことなど気にせずどこかに行ってしまう。チワワはそれを撃退したと誤って学習してしまう。その結果がご覧の有様だよ!ということらしい。
つまり単にしつけに失敗しただけ。飼うからには責任持って飼えよ…これに関しては無知は罪だ。

【光り輝く泥だんご?】
10年ぐらい前に流行したな。この番組で今更やる価値はない。
そして依頼者の大学生がひたすらうざい。慶応入ったぐらいでイキってて草w これ数年後に自分で見返したら死にたくなるやつだ。若さゆえの自意識過剰ぶりが酷かった。

部屋の中に1トンも砂を持ち込んで公園の砂場を再現してみたり、かりんとうで犬の糞まで再現したり。この部屋どうするんだろう。
そしてガスコンロを持ち込んで湿っている砂を炒めてみたり。
泥だんご自体に関しては今更目新しいものはないと判断したのか、本筋と無関係なところで笑いを取ろうとしているのがありありと感じられる。そういうのはどうもなぁ。

陶芸作家の較大が泥だんごの実演。ちなみにこれで「かくおう」と読むらしい。
砂をふるいにかけてすり鉢で砕くのか。そしてパンスト、牛乳瓶の口で磨く。マリア様でもキスしたくなるほどピカピカになったが、この程度の成果はとっくの昔に誰かが達成していて新味はない。「泥だんご」で画像検索すればいくらでもすごいのが出てくる。
今回はスタッフの志の低さばかりが感じられた。

【82歳の元女子プロ野球選手】
依頼者はかつて存在した女子プロ野球の元選手。
女子プロ野球はスポーツというよりは興業の側面が強いものだったようだ。
募集要項に「容姿端麗」とあるのがそれを強く物語る。(それを説明する時の依頼者の嬉しそうな顔w)
当時の選手の紹介に「野球に不向き」と書かれた選手すらいた。いくら興業とはいえ、仮にもスポーツ選手だろうw
谷岡雅樹さんが女子プロ野球に関する本を何冊も出していて詳しいらしい。何にでもその道の第一人者がいるもんだなぁ。

他チームに在籍していた元投手と1打席の勝負。
結果は三振で勝てはしなかったものの、この年齢であれだけ体が動かせたら大したものだ。
しかも「まだ引退したくないので選手を募集します。募集要項は容姿端麗」とかユーモアも見せる。
ああいう年のとり方をしたいもんだ。

PageTop

探偵!ナイトスクープ感想 ~アニサキスそうめん~

2017年10月27日に関西地区で放映で放映された「探偵!ナイトスクープ」の感想。

【沖縄の風景写真と同じ場所を探して!】
写真には山と田んぼしか写っていない。手がかりは添付してあった場所のメモ書きのみ。しかも写真はかなり古く、地形が変わっている可能性もある。
こりゃ手がかりが少なすぎるわ(アカン)。
ただ、写りこんでいる山の頂上の形が特徴的なので、もしかしたら分かるかもしれないという一縷の希望はある。

あちこち探し回るが、やはり同じ風景はなかなか見つからない。さすがにもっと場所が限定できていないと無理か。
…と思ったら、役場にあった久志岳のパンフレットにたまたま特徴的な山頂の写真が載っていた。なんという偶然。
そのおかげで場所が一気に絞り込めた。なお写真についていた場所の説明書きは間違いだった模様。そりゃ見つからんわけだわw
そして現地にて、写真に写っていた田んぼの持ち主とまさかの遭遇。おかげで撮影場所と方向を完全に特定することができた。
しかし運に恵まれたなぁw 説明が間違っていたにもかかわらず場所を特定できたのも、役場のパンフと田んぼの持ち主と連続で偶然出会えたおかげ。この出会いがなかったら迷宮入りしていただろう。

ところで、2ch界隈には特定班と呼ばれる謎スキルの持ち主たちがいて、何の変哲もない写真からたやすく撮影場所を特定してしまう。彼らならあんな写真からでも場所は特定できたんだろうか。

【筑前煮はウソの味】
姑や小学生の息子らの家族から絶賛される手作りの筑前煮は、実は総菜屋で買ったものであった。
総菜屋の店員によると、そこで買った総菜を自作と偽って出している人はけっこういるらしいw

自作の筑前煮は具が薄切りだったり細切りだったりで見た目からして揃っていない。
竹山探偵作と偽って依頼者の姑に食べさせたところ、「言ってもいい?まずいw」と直球デッドボールを食らう。
今まで偽っていたことを告白して謝ったら、息子が泣き出してしまった。実害がないのが救いだが、今まで嘘をつかれていたこと自体はショックだったろう。
そして総菜屋に教わったとおりに作りなおした筑前煮を出す依頼者。家族からは「全く同じ味」という評価をいただけた。

料理は技術。方法をきちんと学んで手順に従えば、誰でも同じものを作れるようになっているのだ。

【寄生虫 アニサキスを見てみたい】
依頼者がまさかの音信不通で来ないという。それでも放送するのがナイトスクープw
まあ本人いわく体調が悪かったらしいが…

アニサキスの宿主の魚を釣って捌き、生きたアニサキスを入手する計画。
道具をそろえるためにまず釣具店に行く。
妙にノリのいい釣具店の店長。「アジとかサバって知ってはりますか?」w 知らん奴おらへんやろ~w
釣り人に釣った魚をもらいに行ったところ、「アニサキスそうめん」なる恐ろしい提案をいただく。なんぼナイトスクープでもアカンw
なお釣りそのものは非常に単調。無理やり盛り上げてたがどうにもならん。

結局、釣果は0だったので目黒寄生虫館に行って動画と標本を見せてもらってお茶を濁す(アカン)。
本物を手に入れられずに博物館でごまかしたのもアレだし、依頼者が来られなかったのもgdgdすぎる。キダ・タロー最高顧問がおかんむりなのもごもっともである。
アニサキスそうめんを食えとまでは言わんが、もうちょっとやりようがあったんじゃないの?

PageTop

探偵!ナイトスクープ感想 ~0-X-X~

2017年10月20日に関西地区で放映で放映された「探偵!ナイトスクープ」の感想。

【父に結婚を認めてほしい!】
依頼者は沖縄出身、関西在住の依頼者の女性。関西でできた交際相手と結婚することになった。
沖縄に住んでいる依頼者の父は、娘が関西に出ることにも反対していて、依頼者が彼氏を父に引き会わせても父は目すら合わせてくれない有様らしい。
さらに悪条件が重なる。その交際相手はピン芸人のピー山ピー之助。失礼ながらそれほど売れているとは思えず、結婚したらほぼ確実に経済的に困窮することは目に見えている。

石田探偵が趣旨を隠して父に接触する。「娘に彼氏の『影がある』」という表現や、彼氏がいるという娘の言葉をいないと聞き違えるあたりに、どうしても娘の結婚を認めたくない心理がだだ漏れであるw

彼氏を実家に連れていき、父に合わせることになった。
家に入ったときの彼氏の表情w 目が泳ぐってこういうことを言うんだなぁ。
彼氏に対して「伊鈴さんを下さいと?」と問い詰める父。いやいやあんたのモノじゃないだろうw
それでも依頼者の結婚への決意は固い。経済的に苦しくなるであろうことは容易に予想されるが、覚悟もしているようだ。
彼氏も涙を流して父に結婚の許しを請う。泣かず飛ばずのふがいない自分を責めるようなことを口にしていたが、その辛さはいかばかりか。
最終的には父が折れた。娘の覚悟の固さと彼氏の真摯な態度あってのものだろう。
「芸人でダメだったら運転手で使うからな」と言ってくれる。やったねピーちゃん!再就職ができるよ!

最後にピー山ピー之助としての芸を披露。パッパ固まっとるやんけw せっかく許してもらえたのに考え直されたw

円満に結婚を許してもらえてハッピーエンドではあるが、依頼者の父はちょっと子離れができていない印象だった。関西に行くのを反対していたり、娘に彼氏ができたり結婚したりするのを嫌がったり。
まあ娘が大事で仕方がないのは分かるけど、もう娘も大人なんだし解き放ってやろうぜw 結婚した結果不幸になってもそれは娘の責任やで。

【写真でたどる亡き父の最期の旅】
依頼者の父は旅行が趣味だったが、奄美から大阪への旅行の直前にがんが判明。余命は1年とのことだが本人には伏せられていたらしい。
本人はそれを知らず大阪へ旅行に行き、その後亡くなったらしい。
という経緯を説明した依頼文の時点で泣き出す局長w 早漏にも程があるぞ。

依頼者の家族は旅行中の父からの電話をそっけなく扱ったことを後悔しているとのこと。これはまあしょうがないわ。運命だ。
新阪急ホテルに行く。写真に写っていた飛鳥時代風の壁画で喫茶店を特定したり、父の止まっていた部屋に案内してもらったり。
造幣局で桜を撮る。写り込んでいた品種の看板が抜かれていたため職員に持たせて撮影。職員に何させてるんだw
道頓堀。カールの看板って自分が写るようになってるんだな。
三宮の地下街・さんちか。フルートを演奏していた2人組を探し出して一緒に撮影。よく見つけ出せたなぁ。さすがだ。写真を撮りまくっていたおかげでフルート奏者のほうも依頼者の父をうっすら覚えていたようだw なお彼らはなかなか依頼者が来ないのでずっと待ちぼうけだったらしいw
こうやって状況再現できたのもナイトスクープの名前のおかげが大きいな。個人じゃここまでやってはくれなかっただろう。ナイトスクープ様様だわ。第4権力の正しい使い道だ。

これを撮った人はもうこの世にいないけど、写真に何か気持ちを込めて撮っていたんだなと思うと切ない。デジカメのデータが残っていればその人はある意味生き続けている…のか?

あと妻と娘は今にも泣き出しそうだったが、同行していた孫が無邪気で少し救われた感がある。
喫茶店でミックスジュースを飲んで「絶対これアレだ。主にオレンジだ」とかある意味空気を読まない言動のせいで空気が少し軽くなった。

【無敵の父に打ち勝ちたい!碁石ゲームの必勝法】
ルールの説明:
碁盤の3列だけ使い、両端に白、黒の碁石を置く。プレイヤーは交互に自分の石を動かす。
碁石は前後にいくらでも進めるが、列を変えたり駒を飛び越したりはできない。また、碁石は必ず1マスは動かさなければならず、パスは許されない。
最終的に相手の石をすべて端に追い詰めたら勝ち。

必勝法を探す寛平探偵と依頼者。
まず必ず勝てる最終局面を作り、そこから逆算して必勝のパターンを見つけ出そうとしていた。思考プロセスが垣間見えておもしろい。このような帰納的な探索はこの手の問題を解くには非常に有効だ。
だが2人だけでは必勝を見つけるには至らず。いいところまで行ってたと思うんだがなぁ。
物理担当の山田先生を召喚し、完全な必勝法を解明。ついに親父越えに成功。

必勝法を説明する。
碁石ゲームは、次に相手の番であるときに、ある列(便宜上Aとする)の間隔が0、他の列(B、Cとする)の間隔が同じという状況を作れれば必勝。山田先生いわく「0-X-X」パターン。
なぜこれで必勝なのかというと、相手の手順でこの状況であれば、相手がどんな手を打とうとも自分は必ず駒を前進させられるからだ。駒を前進させ続ければ必ずいずれは相手の駒をすべて追い詰められる。
相手がBまたはCの駒を前進させた場合、自分はB、Cのうち相手が動かしていないほう列の駒を、相手と同じマス数だけだけ前進させる。そうすれば0-X-Xパターンは保たれる。
相手がBまたはCの駒を後退させた場合、自分は同じ列の駒を相手が後退したのと同じマス数だけ前進させれば0-X-Xパターンが維持される。
相手が列Aで後退させたら、列Aの駒を前進させてまた間隔を0にすればよい。

つまりこのゲームは先手必勝。
先手が第1手で駒を目いっぱい前進させて間隔を0にしてしまえば、0-X-Xパターンを作れる。
依頼者の父はこの必勝法を使っておらず、途中でこのパターンに持ち込んでいたが、これは依頼者に必勝法がバレないようにあえてナメプしていたのだろう。

なおこの必勝法は任意の列数に一般化することができる。
列が奇数個の場合は、先手が第1手でいずれかの列で間隔を0にすれば必勝。
列が偶数個の場合は後手必勝。
すべての列(奇数個の場合に第1手で動かした列を除く)を2列ずつの組にし、同じ組の列の石の間隔を同じに保つように石を前進させれば勝てる。0-n(X-X)パターンとでも言おうか。

より一般化させて言うと、この手のゲームは、「勝ちの局面で成立する特定の条件を保ちつつ、常に局面を終了に進める方法」が見つかれば必ず勝てる。
このゲームの場合の「勝ちの局面で成立する特定の条件」は「0-X-Xパターンの成立」となる。
T82 aoitan あおいたんのパズルを数学しましょうか_修正版のスライドに出てくる不変量の概念とかが関係しそうな気がする(関係するとは言ってない)。

最後に寛平探偵は「楽しいゲームです。遊んでみてください」と言うが、必勝法を知ってしまったらもはや作業だ。もうあの頃には戻れない。
どうしても楽しみたいなら、駒の間隔をすべて違えて配置すればこの必勝法が直ちに適用できなくなるので少しは楽しめるかな?

PageTop

探偵!ナイトスクープ感想 ~ドッペルゲンガー~

2017年10月13日関西地区で放映で放映された「探偵!ナイトスクープ」の感想。

【弟をかけっこで勝たせたい兄】
依頼者は弟が可愛くて仕方がないらしい。なお弟は40歳。お、おう…。
そのかわいい弟がその息子(依頼者の甥)とのかけっこ勝負に勝てないので勝たせてあげたいとのこと。
それにしても弟は依頼者にそっくりだ。実の息子である依頼者の甥もすり替えに気づかなかったほどには似ている。

弟を勝たせるため、甥に寿司をご馳走するふりをして満腹にして動作を鈍らせようという作戦。ヒレツなまねをしおって!
その甲斐もなく勝負は甥の勝ち。ざまあm9(^Д^)

【広島のワンダーランド!?スナックジルバ】
久々のパラダイス。
玄関で客を待ち構えている動く人形たちの時点でパラダイス濃度が…。エンジンの中で女性の体のひょっとこがペダルを漕いでいるオブジェ。何一つ意味が分からんが作った人がヤバイということだけは分かる。
店内にもちんちんが動きまくるド直球の下ネタな人形があるし。

主は第89回の欽ちゃんの仮装大賞で優勝したらしい。先週に続いてまたかw
頭のおかしい人形を作るわりに、店内に飾ってある絵は写実的でそこそこうまい。
例によってこの人も発明好きらしく、いくつかの発明品を披露。
カラオケのマイクの汚れを取るためにブラシを取り付けたマイクホルダー。ただしブラシは交換不能なので歯糞塗りたくりマシーンと化した。
爆竹を使った熊脅し。見かけは商品レベル。価格は5、600円ぐらいらしい。これは普通に役に立つかも?

最後に1人芝居を見せる。 「ちんこまめこぽん」と謎の呪文を唱えたり今更日本エレキテル連合ネタをしたり。
…この手の人間には自分を客観視する脳の機能が欠けているのだろうか?
あと下ネタさえすれば人が喜ぶと思ってるのも度し難い。ちんこネタが許されるのは小学生までだよねー。キャハハハハハハ

【父をゴルフ場に連れて行きたい】
依頼者の父は半身麻痺になって回復せず落ち込んでいるらしい。
見てみたら麻痺がきついな。左手が不自然に曲がってるし言葉も不明瞭だ。こりゃひきこもりたくもなるわ。新しい趣味を始めるにも遅い。

なんとかゴルフ場に連れ出したところ泣き出す父。下手をするとゴルフ場に行けてもプレイできないことで気持ちがさらに落ち込む可能性もあったが、幸いそうはならなかったようだ。涙もゴルフ場に来れたことによる嬉し涙だった。
ゴルフ場に来れたことで気持ちが前向きになったようで何よりだ。病は気からとも言うし、気持ちが変わればリハビリに力が入ったりして回復が促されることもあるだろう。

PageTop