ゴミ箱.net

汚物は消毒

探偵!ナイトスクープ感想 ~ichthyophobia~

2017年6月16日関西地区で放映で放映された「探偵!ナイトスクープ」の感想。

【3つ子の子守】
まさかの3卵性の三つ子。
不妊治療で排卵誘発剤を使ったなら十分考えられる。しかしこの依頼者の場合は上にすでに2人いるのでその可能性は低いだろう(ないとは言ってない)。自然妊娠で3卵性ということはありうるのか?

依頼者は上2人の子供を連れて久々にのんびり外出。その間に石田探偵が3つ子のお守りをする。
子供たちは年相応に無邪気でかわいい。お菓子を吐き出して掃き出し窓の枠に置いたり、掃除機のコードの巻取りで喜んだり。そんな純真さはとうに失ったわ。
たった5時間だったが、マッマがおらんと泣き出してしまった。分かるんだな。
石田の子守スキルの高さが意外だった。

…ただ依頼としては微妙だったな。

【くっついてしまったパンフレット】
吸湿剤の液体が溢れて「劇団☆新感線」のパンフレットがくっついてしまったとのこと。
湿気ないように保存するつもりが仇になってパンフを逆に傷めてしまったのか…。

紙を剥がそうとして水に濡らしたらそこからはがれ出してしまう。
文化財修復師の大入さんを召喚。見た感じ中国の○○大人みたいなw これは期待できそう…と思いきや匙を投げた。
カルシウム紙と言って印刷を綺麗に出すために表面に炭酸カルシウムをつけている紙らしい。それが水に濡れると表面の炭酸カルシウムがくっついてしまうので手に負えないらしい。
カルシウム紙という小手先の現代技術のせいで水濡れに弱くなり、修復もできなくなるのはなんとも皮肉だ。古代の和紙なんかうまくすると1000年以上も持つというのに。

やむなく包丁で引き剥がすことにする。
正直言ってこの方法は賭けだ。下手したらパンフを傷つけてしまう。文化財修復のプロとしてはそのような不確実な手段は取りえないだろう。
依頼者いわく「私失敗しないんで」。「初期の段階で失敗してますけどね」という橋本探偵の鋭いツッコミw
一部役者の顔が削れてしまったが、なんとか剥がすことに成功。依頼者は魚を捌くのが上手いらしい。なるほどw

ここで先ほどの修復師から連絡。手遅れw
修復方法が分かったのかと思いきや、同じパンフを古本屋で見つけた模様。しかも350円。安いな~w この徒労感。

【水族館が怖い!】
依頼者は水族館などの魚が怖いらしい。一度でいいから水族館を楽しませてくださいとのこと。
人生に楽しみは他に山ほどあるんだからこだわらなくてもいいと思うがな。

今回の依頼者以外に同じような依頼が3通もあり、その依頼者も連れてみんなで須磨水族園に行くことに。
ナイトスクープの「魚担当」!そういうのもいるのかw 彼に楽しそうに案内してもらう。絶叫する依頼者。そこまでして見なくてもw

魚嫌いの人たちの1人は、子供の頃見た古代魚の絵がトラウマになっていて生活に支障をきたしているらしい。
別の人はラブカがトラウマで風呂に入ろうとすると映像が浮かぶとのこと。
また別の人も教科書の古代魚が怖くて紙を二重に張って隠したりしていたらしい。
みんな古代魚がトラウマなのかw

最後に巨大水槽に近づいて魚恐怖症を克服。。。とはいかなかったかw

スポンサーサイト

PageTop

探偵!ナイトスクープ感想 ~トランスフォーマー~

2017年6月9日関西地区で放映で放映された「探偵!ナイトスクープ」の感想。

【実現不可能!?将棋の駒タワー】
将棋の歩の駒を逆立ち状態で立て、その上に残り39枚を乗せたタワーを作りたいという依頼者。
仕事で知り合った人が写真を見せてくれたらしいが、その人とは連絡が取れなくなっているらしい。

とりあえず自分たちだけで挑戦開始。最初は3枚積んだ状態ですら簡単に崩れていく始末。

埒が明かないので将棋のプロを召喚。
藤井聡太四段を呼びたかったようだが叶わず(そらそうやろw)、代わりに神吉宏充七段が来る。あれ?赤いスーツを着た芸人が来たぞ。Wikipediaによると「将棋界きってのエンターテイナー」らしい。しかもキダ・タロー最高顧問と同じ事務所に所属ってますます芸人枠やないかw「将棋の駒を積まないとプロになれない」とか嘘臭い話を披露。どうせ嘘やろと思ったらやっぱり嘘でしたw
なお全く役に立たないので帰された模様。

次に召喚されたのは手先の器用を買われた大道芸人リスボン上田。
土台として安定感のある「エース歩」の選別のために何個も歩を立てて近くで手を叩いてたけど、効果あるんだろうか?
上田がてこずっている間に依頼者が39枚まで積み上げる。いざ40枚目を乗せようとするとここで無情にも崩れてしまう。惜しい、惜しすぎる。
なお上田は終電が来たので帰った模様。

その後もチャレンジを続ける依頼者。
苦難の末40枚乗せることに成功。ここで前々から用意してたロッキーのテーマ。無駄にならなくてよかったなw

今回は理論上可能だとあらかじめ分かってやってたからよかったが、できるかどうかも分からない状態で最初にこれを始めた人はすごいな。

【中トロが縮んだ!?】
出前の握り寿司の中トロがまるでちょんまげみたいに細かったらしい。
業者に文句を言ったら謝罪はしてくれたが、あろうことか「中トロが縮んだ」などと言い訳をしてきたらしい。なので、実際に中トロが縮むところを見てみたいという依頼。本気なのか皮肉なのか。どちらにしろ真正面からの抗議ではなくネタとして消化するから相手も抗議しにくかろう。また公開処刑するのかな?料金以下のまずい飯を出した時点で十分アウトだが、言うに事欠いて縮んだとか抜かすところが腹立たしい。
余談だが依頼者は筋肉が萎縮する難病らしい。寿司だけじゃなく本人の肉まで縮むのが何とも皮肉だ。

寿司を作ったのは奈良県の「東鮓」。謝罪に来て中トロが縮んだと言い訳をしたのは気弱そうな人だったらしいが、それも相手の抗議を封じる作戦なんじゃないのかと邪推してしまう。
東鮓の人を再び呼びつけると、今度は横山やすし似の営業部長が来た。部長笑ってるけど笑い事じゃないぞ。誕生日と昇進祝いを台無しにされたんだから。

部長は中トロが縮むところを見せるという。いい加減認めろよ…。
そして一行は出前センターへ。そこで中トロを切ってカメラで撮影すると、なんと実際に縮んでいるではないか。…疑って申し訳ございませんでした。45分を早回し再生すると肉がグネグネ動く。すっげぇキモいモーションだな!

マグロの死後硬直が始まる前に冷凍すると、部位と切り方によっては解凍後に死後硬直が起こり、縮んでしまうことがあるらしい。つまり、縮むということはネタが新鮮である証でもあるのだ。
そんなのを商品として出す前に弾くべきだったのは間違いないが、もし出してしまったらどんなに嘘臭くても縮んだと正直に言うしかないわなw

【「妹」に見られたい妹】
25歳の依頼者と32歳の姉。地味な依頼者に対して姉がすごく若作りしているので、いつも姉妹が逆に見られてしまう。4歳の親戚の子にもそう思われているのが悔しいらしい。

街頭インタビューしても100%逆に見られる。そして皆が口を揃えて服を交換したらと言う。本人たちは嫌がっていたが、他に手はないので結局服を変えることに。
4歳の親戚にリベンジマッチ。そして玉砕w

なお親戚の子は、ポケモンの知識が豊富という点で依頼者のほうを年上と判定していた模様。なんじゃそら。
服の好みの差も大きいが、姉は目がパッチリしてるのに対して妹は切れ長なのがだいぶ不利だよなぁ。

PageTop

探偵!ナイトスクープ感想 ~この恨み晴らさでおくべきか~

2017年6月2日関西地区で放映で放映された「探偵!ナイトスクープ」の感想。

【50年の恨み マイクの電源を抜いた犯人は?】
依頼者は学生の頃組んでいた4人組のバンドで1人だけマイクの電源を切られていたらしい。中居君かな?
しかし50年前のことを今更感がハンパない。
今は交流もなく、かつてのメンバー3人のうち1人は和歌山の田辺、もう2人は東京に引っ越していたらしい。
結局犯人は東京に引っ越していた当時のリーダーだった。
「歌のクオリティのため抜いたこともある」と自供。
肝心の依頼者の歌(察し)。リーダーGJ。

【失くしてしまった息子からの手紙をもう一度】
依頼者の女性の息子が小学校の卒業式で書いた感謝の手紙をなくして5年経ち、見つからなかったのでまた息子に書いてほしいという依頼。

この依頼者、息子大好きすぎるだろw
シングルマザーだから余計にそうなるのかな。
家のあちこちに息子の幼い頃の写真を飾ってあるし。
息子の抜けた乳歯も全部取ってある模様。あれだけ大量にあるとグロいなw

母の依頼内容に対して虫のいい予想をする息子。「史上最強のいくら丼を食べさせてあげたい」などではないぞw
息子に手紙のことを聞いても、そんなものは渡してないと言っている。だが母は受け取った記憶があるのでたぶん忘れてるだけなんだろう。
記憶をよみがえらせるために小学生のコスプレをして卒業式を再現しても無駄だった模様。
結局新しく手紙を書いてもらい、改めて読んでもらうことに。小学生のコスプレをして当時の再現と、現在の豪華2本立て。

最後の最後に、依頼者が5歳も鯖を読んで応募していたという衝撃のオチw

【北が分かる男】
鳩かな?
この人は脳内に磁気センサーでもあるのか。

見知らぬ土地の商店街に連れて行って検証。
地元の人デタラメ言うなw だが本人は正解。
探偵いわく「時代が時代なら処刑されてる」。まあ妖術師の類だわなw

次は電気風呂に入りながら検証。何の問題もなく勝利w

最後は地下で検証。
依頼者「やばいな」。感覚の強さは普段を10としたら2らしい。それでも正解した。
ビルの鉄筋やら地下に埋没している金属やらが地磁気を乱してるんだろうか?

家族は全員方向音痴というのが何ともw
本当は気づいていないだけで、人間誰もが方角を感知するこの能力を備えてるんだろうか。
古代に大海原をカヌーで航海してた人たちは星を読んでいたとよく言われるが、もしかして方角の感知が当たり前にできていたのかもしれない。

ただ、この人の能力はおそらく本物だろうが、その原理は最後まで不明だった。
室内でも感知できることや地下で感覚が弱まることを考えると十中八九地磁気を感知しているのだろうとは思う。だが本当にそうかどうかは頭に磁石でもつければ簡単に検証できたはず。サボってけしからんな。

ちなみに、鳩は地磁気以外にも、曇り空であっても空の散乱光の偏光具合で太陽の位置(そして時刻と組み合わせることで方角)を検出できるらしい。鳩の磁気コンパスを参照。
人間でもハイディンガーのブラシで偏光の向きを感じることができるので、偏光を感知して方角を検出できる可能性はある。ただ、この人の場合は建物の中でも方角が分かるので偏光を使ってはいないと思われる。

PageTop

探偵!ナイトスクープ感想 ~突撃!隣の晩ごはん~

2017年5月26日関西地区で放映で放映された「探偵!ナイトスクープ」の感想。

【すまきで巨大巻き寿司!?】
依頼者の娘が言った言葉がきっかけで作ろうと思い立ったらしい。なお当の娘にはそんなこと言ってないとはしごを外された模様。

ただの巻き寿司ではなく、断面が絵になる「飾り巻き寿司」にすることに。専門家として呼ばれたのが「飾巻子」と「大松巻男」の各氏。飾り寿司ネームw
米20kg、かんぴょう4kg、玉子たくさんを使ってペンギンの顔の飾り巻き寿司を作ることに。
依頼者の玉子を切る手つきが実に危なっかしい。
いちおう寿司はできたが、自重で顔が崩れつつある。

こんなでかい寿司、スタッフ総出でも食べきれないので大食い担当の松浦さんを召喚。以前の依頼でマグロを食いまくった人やんけw ほぼ食べきったのが恐ろしい。

【羊の毛刈りをマスターしたい病院長】
雑草取り要員として導入した羊の毛を狩りたいらしいが。ヤギにしとけばよかったのに。
裁ちばさみでやってるがバリカンじゃないと無理だろこれ…。

奈良県のめえめえ牧場で毛刈り技術を教えてもらえることに。
多忙な院長に代わり院長秘書が代わりに行く。ボスの道楽に付き合わされて気の毒にw
毛を刈るために羊を一瞬で回転させて座らせるジュージツすげえw

秘書経由で技術を習った院長の毛刈りが割とうまい。人間も羊も同じ動物だし扱い方に近いものがあるのか?w

【外国人の「昨日の夕飯」は?】
まずベトナム。
ベトナム黒豆というのがあるのか。
ティコーチュン(≒角煮)、チェーラウレン(≒ぜんざい。ただし甘くはない)。甘そうな見た目してるのに…

バングラデシュ。
男3人同居。ちゃんと自炊しててマメだな。
ムラ(=大根)は鶏肉と一緒に調理すると美味しいらしい。
ムルギルカリー、ビリヤニ(炊き込みご飯の一種)。
あんまり名前は聞かないがあそこもカレーの国なんだなぁ。南インドの系統に近いようだ。

アイルランド。
アイリッシュパブでアイルランド人にインタビュー。
英語圏の人は本当にオーマイゴッドって言うんだなw
家に挽き割納豆に刻みネギが常備されてて着々と日本に同化されつつあるw
シェパーズパイ(羊肉のパイ)。

ナイジェリア。
日本人でもそうそういなさそうなコッテコテの関西弁に草w ナイトキャップをかぶるとオバちゃんになるとか完全にノリが関西w
アソーテッドミーツ(牛の内臓の煮込み)。現地語じゃないところに軽い歴史の闇が…。米にかけて食べるらしいるのか。味は辛いビーフシチューらしい。

PageTop

探偵!ナイトスクープ感想 ~勝ち、勝ち、勝ち!剣士として恥ずかしくないのか~

2017年5月19日関西地区で放映で放映された「探偵!ナイトスクープ」の感想。

【0勝70敗…剣道で夢の1勝を!】
今まで剣道で1勝もできなかった34歳の女性。
だがまだ未練があるらしく、道具も大事に持っている模様。
澤部「道具燃やしたら?」ごもっともでございますw

どうしても勝ちたいらしく、いい年した大人が老人やら3歳児やらを対戦相手に希望する…それで勝ってうれしいのかw
ちょうどうまい具合に、剣道で未勝利の8歳の息子に勝たせてやりたいという別の依頼が来ており、その息子と対決させることに。
34歳vs8歳。勝って当たり前、もし負けたら末代までの恥。ハイリスクノーリターンすぎやろw
3本勝負で8歳の子がまず一本。これはもしかするか?と期待したが、その後立て続けに一本を食らってしまい、結局負けてしまった。
8歳の子はよく頑張ったよ。総合では負けたとはいえ、あの体格差の相手に一本取ったことは誇っていい。
依頼者?知らんわw

【たった1人の親友『なかのりょうた君』を探して】
依頼者は近畿大学の学生。家に親友が遊びに来たときにその親友が皿を割ってしまった。それを境に親友が消えてしまい、LINEでの連絡もできなくなったらしい。
まさかとは思いますが、この「なかのりょうた」とは、あなたの想像上の存在に過ぎないのではないでしょうか。

一瞬そんなふうに思ったが、「なかの君」は一応実在しているらしい。理系の3回生ということだけは分かっている。学部も分からないフレンズなんだね!
大学の職員に聞いたが、個人情報は教えられないとのこと。世知辛い話だが、変なところから情報が漏れるよりはましか。

大学の「放送局」に案内放送を流してもらい呼びかけることに。案内放送が雑だなw
放送の甲斐あって当人が放送局に来たとの情報。しかし来たのは似ても似つかぬ同姓同名の別人だった。巻き添え事故感すごいなw
その後もゼミに押しかけてみたり食堂に足を運んだり。依頼者いわく「どうしたらいいのか分からん」それゼミの人のほうやろw

ようやくなかの君を知っている教員を見つけ、なかの君にたどり着くことができた。今度こそ本物だ。
連絡がつかなくなったのは、スマホのパスワードを忘れて初期化し、LINEのデータも消えてしまったためだった。
なお依頼者にとってなかの君は唯一の友達だが、なかの君には友達が多い模様。あっ(察し)

【ジャンジャン横丁は今】
大阪の下町を街頭調査。
濃いおっちゃんだらけで草w すぐ橋本探偵を拉致るし。
9時から2時半まで立ち飲みしてる爺さんとか、お祭りで肩を骨折したおっさんとか、橋本探偵の人生相談を聞いてくれるおっさんとか、自分のことを「怖ないわいっこも」と怖い顔で言う店主とか。
おばちゃんのエンカウント率も高い。

射的屋!そういうのもあるのか。夜店ぐらいでしか見たことないぞ。
全面をデコられた特製の銃すげえw

フレンドリーなのはいいがさりげなく失礼で草w
「銀シャリの連れ」呼ばわりされる橋本w この人も銀シャリなんだが。

橋本探偵だけでなくスタッフにも寿司を奢ってくれる。店員いわく「大阪人情新世界や!」
ことばの意味はわからんがとにかくすごい自信だw

しかしこれを見て大阪全体があんなのだと思われても困るな…w

PageTop