ゴミ箱.net

汚物は消毒

getter、setterのJavadocを生成するEclipseプラグイン

Eclipseを使ってJavaのプログラムを開発していると、クラスにprivateなクラス変数を作ってそれにgetter、setterを作ることが多い。
だがそうするとgetterとsetterにほとんど同じようなJavadocを書かねばならなくなって二度手間である。

その手間を省くために、これまでLimy Eclipse Pluginを使ってきた。getter、setterに対応するクラス変数にJavadocを書いておくと、それをコピーしてgetter、setterのJavadocを追加してくれるのだ。
だが、Limy Eclipseが提供しているいくつもの機能のうちで自分が必要なのは、このJavadoc生成機能だけなのだ。それだけのためにたくさんの機能をインストールすることには抵抗がある。
また、Limy Eclipseではクラス変数のJavadocに複数の文を記述することができない。Javadocで概要として認識される最初の文のみがコピーされてgetterやsetterのJavadocになるが、るが、句点までコピーしてそれに「を取得する。」とか「を設定する。」をつけるような形になるので文章としておかしくなってしまう。そのため、クラス変数のJavadocには変数の説明を句点をつけずに1つの文で記述するしかなくなってしまう。そうするとgetterやsetterのJavadocに記述できる内容もおのずと限られてしまう。
何より致命的なのは、このプラグインはクラスの中に入れ子で定義された内部クラスに対応していないのだ。内部クラスに対しては手でJavadocを書くか、別のソースファイルを作ってそこでLimy Eclipseの機能でJavadocを生成して元のソースファイルにペーストするみたいな面倒な手順を踏まねばならなかった。

そこで、getter、setterのJavadocを生成する機能に特化したEclipseのプラグインを自分で作ってみた。
名づけてAccessorJavadoc。以下のURLからインストールすることができる。
AccessorJavadoc - 自作ソフトの墓場
Limy Eclipseとの差別化として、クラス変数のJavadocの全体をgetter、setterのJavadocにコピーしてくれる。その際、最初の文のみをうまく書き換えてくれる。
また、内部クラスにも対応している。

それにしても、同じような機能を持ったプラグインを探し回ったことがあるが、Limy Eclipse以外に見つけることができなかった。
そういうプラグインの需要はありそうなのに、探すと意外とないというのは不思議だ。

スポンサーサイト

PageTop

QuickPixelizer

撮った写真をネットにアップロードするときに、写りこんだ人の顔などにモザイクをかけるためのツールを探したが、しっくりくるのがなかったので自分で作った。
QuickPixelizer - 自作ソフトの墓場

いちばんの特徴はモザイクの境界の処理。
モザイクの正方形が変なところで途切れることなく、縦横の軸に沿ってきれいに処理される。
上から順に元画像、従来のツールによるモザイク処理、このツールのアルゴリズムによるモザイク処理。中央の画像ではモザイクの領域とそうでない領域の間に曲線的な境界が見えてしまっているが、下の画像では境界が出なくなっているのがお分かりいただけるだろうか?
quickpixelizer_sample.jpg

ほかにも、リサイズや回転、EXIF情報による向きの判定といったきめ細やかな機能も実装している。
世の画像処理ツールにはEXIF情報を無視するものも多く、画像の向きの調整は手動でやると地味に面倒な作業だったりする。

PageTop

MacFace用顔パターン/やる夫 バージョン1.1

MacFace用の自作顔パターンを修正。MacFace用パターンにもかかわらず本家MacFaceできちんと表示されないというトホホな不具合に対応しました。Macがないので自分では確認できないのがつらい。
MacFace/やる夫 - 自作ソフトの墓場

マカーの方から「画像が縮小されて左下の隅に寄って表示される」との報告を受け、調べたところ画像のDPIが90だったのが原因らしくDPIを72に変更したところきちんと表示されるようになった模様。
Macでの現象の報告と修正後の動作検証をしてくださった実験にょんさん、本当にありがとうございました。


 *     +    巛 ヽ
            〒 !   +    。     +    。     *     。
      +    。  |  | ついに本家MacFaceでちゃんと動くようになったぜ
   *     +   / /   イヤッッホォォォオオォオウ!
       ∧_∧ / /
      (´∀` / / +    。     +    。   *     。
      ,-     f
      / ュヘ    | *     +    。     +   。 +
     〈_} )   |
        /    ! +    。     +    +     *
       ./  ,ヘ  |
 ガタン ||| j  / |  | |||
――――――――――――

PageTop

RainbowClock

某美人な時計にインスパイアされて作ってみたデスクトップアプリ/Android壁紙。

3次の美人が時刻をお知らせしてくれてもべつに嬉しくない人だってたくさんいるだろう。2次元好きとか腐女子とか。そういう人たちのために自分でスキンを作れるようにしてみた。

詳細はこちら。ここから本体やスキンのダウンロードができます。
Androidアプリはこちらから。ライブ壁紙として動作します。

PageTop

pixivにランダム検索ボタンをつけるGreasemonkeyスクリプト

エロ絵収集サイトお絵かきSNS・pixivには昔ランダム検索機能があって、時系列や人気に関係なく特定のタグを持つ絵をランダムで表示してくれていた。
おかげで糞古い絵もそれなりに埋もれることなく見れたのだが…
データベースでのランダム検索は処理が重いのだろう。いつの間にか機能が消されてしまった。

そこで、Greasemonkeyを使って似たような機能を実現するためのGreasemonkeyスクリプトを作ってみた。基本的にFirefox用です。
原理としては、画面上に表示された総画像数を読み取って総ページ数を計算し(1ページ20枚固定としている)、ページ数だけをランダムに変更して遷移している。

ソースコードはここで公開してます。
pixiv-random-search/pixiv_random_search.user.js at master · recyclebin5385/pixiv-random-search · GitHub
Firefoxだと、「Raw」ボタンを押せばそのままインストールできるみたいですよ。

PageTop