ゴミ箱.net

汚物は消毒

[webgen]複数のコンテンツブロックを使用する

webgenでは、ページファイルとテンプレートファイルにおいてメタ情報ブロックとコンテンツブロックという領域を分けて記述することができた。
ファイルの先頭およびブロックの区切りに「---」を記述することでメタ情報ブロックとコンテンツブロックに分かれていることを示すことができる。
---
※メタ情報ブロック
---
※コンテンツブロック
なお区切りが一切ない場合はファイル全体がコンテンツブロックとなる。

このコンテンツブロックだが、実際には任意の個数定義することができる。
これによってテンプレートの複数の箇所にHTMLを埋め込んだり、繰り返し出現する文言をコンテンツブロックとして複数個所に埋め込んだりといったことができるのだ。

続きを読む

スポンサーサイト

PageTop

[webgen]テンプレートを入れ子にする

このページの情報はwebgen 1.4.0をもとにしています。

webgenでは、テンプレートを入れ子にして適用することができる。

たとえば、各ページがヘッダ領域、サイドメニュー領域、本文領域という3つの領域に分かれたウェブサイトを考える。
ページはAからDまで4ページあり、本文領域はページごとにすべて内容が異なる。
サイドメニュー領域は2種類あり、ページA、BではサイドメニューX、ページC、DではサイドメニューYが表示される。
ヘッダ領域はすべてのページでまったく同じ。
その際、同じことを2回記述することはできるだけ避けたい。
そのような場合にテンプレートをどう作ればよいか?

続きを読む

PageTop