ゴミ箱.net

汚物は消毒

探偵!ナイトスクープ感想 ~憧れは理解から最も遠い感情だよ~

2017年4月21日関西地区で放映で放映された「探偵!ナイトスクープ」の感想。
今週の依頼は憧れの人縛りかと思ったらそんなことはなかった。

【46年間忘れられないバスガイドさんに会いたい】
依頼者の男性が、46年前の修学旅行で出会ったバスガイドの女性に会いたいとのこと。
さすがにもう引退してるだろうと思ったら、まさかの現役だった。御年66歳。当時は20歳ならギリギリ不可能ではない。当時の写真は美人だったが、今でも綺麗な顔立ちをしている。

学生にとってはオンリーワンの憧れの人でも、バスガイドにとっては大勢の客の中の1人に過ぎないという非対称性がある。バスガイドが依頼者のことを覚えていなくても無理はないと思っていた。さすがに個人レベルでは覚えていなかったが、担当した高校の名前をしっかり覚えていた。さすがプロだ。
車酔いの防止法として「諭吉さんを手に持って窓から外に出しておけば飛ばされるか気になって酔わない」という持ちネタ。プロの話術だな。

残念ながら自分には依頼者のような経験はないが、この人の気持ちはよく分かる。なんかぐっと来るものがある。
ワイもそういう青春送りたかったンゴ…

【理想の父は蝶野正洋】
依頼者の女性の母親は8年前に病死し、父親は顔も名前も知らないらしい。
母親が子供の父親のことを墓場にもって言ってしまい、子供は自分の親を知る権利を永遠に奪われてしまった。何かしらの事情はあったのだと思われるが、これについては許せん。

依頼者が理想の父親像としてプロレスラーの蝶野正洋を挙げたので、1日だけ父親になってもらうことに。
依頼者は蝶野に対しビンタをしてほしいと頼む。最期に母親と喧嘩別れしてしまったことを叱ってほしかったということらしい。それを聞いた蝶野はビンタについては応じず、「1人で立派に生きてるっていうことが親孝行だと思うよ」と言葉をかける。
この態度は依頼者の現状をそのまま受け入れて認める優しさの表れである。一方で本当の父親みたいに叱りつけたり、本気で甘えを許したりはしていない。当たり障りのないことを言って距離を置いている感じもする。
一抹の冷たさを感じないでもないが、これが蝶野の取れるベストの大人の対応だろう。仮にここで甘えを受け入れて本当にビンタなんかしてしまったらお互いに不幸になるだけだと思う。蝶野がずっと父親になれるわけでもなく、収録が終わったら依頼者は独りで生きなければならないのだ。

【オナラをする幽霊?】
博多にあるカラオケ店のトイレでたびたびオナラのような音が聞こえるらしい。幽霊の仕業じゃないか?ということで依頼が来た。
上岡元局長ならどう反応しただろう。幽霊絡みの依頼で収録をほっぽり出して帰ってしまったこともあるほどガチでオカルト嫌いだからなあ。

とりあえず塩を撒いてみる。博多だけに伯方の塩か(違う) 当然ながら効果はない。
オカルトに詳しい人に電話で相談すると、オッケルイペという屁をこく妖怪がいるらしい。オナラで舟を破壊するのかよw
神主まで呼んで除霊を試みるが、除霊終了直後にあざ笑うかのようにオナラが鳴ってて完全に失敗。

ところが水道屋を呼んで見てもらったら、劣化した弁から空気が漏れて鳴っているだけということが判明した。
一介の技術者が聖職者に勝ったぞ。科学技術の勝利だ。

スポンサーサイト

PageTop

探偵!ナイトスクープ感想 ~戦う君は美しい~

2017年4月14日関西地区で放映で放映された「探偵!ナイトスクープ」の感想。
今回は奇しくも戦いに関連する依頼ばかり。家で納豆を食べるために妻に戦いを挑む夫、ボクシングで本気で戦いたい女性、そして戦友に会いたい老人。

【家で納豆を食べたい夫】
依頼者の男性は納豆が大好物で家で納豆を食べたいのだが、そのにおいを嫌がる奥さんがどうしても食べるのを許してくれないらしい。
以前それで喧嘩になったときはふりかけの瓶を投げつけたり前蹴りされたり壁に押しつけられたり((((;゚Д゚)))) その後納豆の話はタブーとなった。そらそうよw
なおそんな鬼嫁にも純真な頃があった模様。10年前のメールに「ぉ疲れだポ」とか「ぢゃあ 毎日会わなきゃこずぇャダ」とか書いてて黒歴史で草w でもこれ後で殺されるな…

奥さんに納豆を認めさせる計画を練る依頼者と真栄田探偵。奥さんが子供を連れて入浴中にこっそり納豆を食べ、分からなければ食べてもいいだろうと説得するつもりらしい。
それを革命やクーデターにたとえる探偵。だが革命はともかくクーデターではない。クーデターは支配者層の一部が権力を握ることだが依頼者には権力ないからなw

結局においでバレてしまい革命は頓挫。調子に乗って探偵もいっしょになって何パックも食べるからだw
嫌いなものに対しては嗅覚が特別敏感になるのもあるんだろう。自分の場合はキュウリのにおいが嫌いで仕方がないが、あまり同意してくれる人がいないのが残念だ。
多少のにおいくらい妥協してやれよという気もしないでもないが、そのにおいがどれだけの苦痛をもたらすのかは本人にしか分からない。もしかしたら死ぬほど苦痛を感じているのかもしれないし、これについては何とも言えない。

【本気で殴り合いがしたい!67歳女ボクサー】
依頼者はボクシングジムのボクササイズ教室に通う女性で、本気のボクシングの殴り合いがしたいらしい。しかしあくまでボクササイズなので戦った経験はない。
「死んでもいいからやりたい」と言う依頼者だがジムや番組スタッフの迷惑を考えろw
ただ、戦ったことがないから殴られる痛みも知らないんじゃないの?という気もして危うさを感じる。

内藤大助がコーチとして登場。依頼者とスパーリングをする。ゴムチューブで拘束されるハンデありとはいえ内藤相手に奮闘する依頼者はなかなかタフだ。やられても向かってくるガッツを見せる。前言撤回。

11年前に依頼者として登場し、現在62歳の女性とと対戦することに。こちらはいまだにトレーニングをしていて現役。年下相手に10戦して半分ぐらい勝っているから年のわりに相当手ごわい。
最初はいい勝負だと思ったが依頼者が押される。顔面に食らうのが多いな。そしてやはり依頼者が負けてしまった。
内藤が対戦相手に対して「あのばあさん悪いなぁ」ばっかり言ってて草w しかしかつて「悪」には猛々しい、力強いと言う意味もあり、悪党悪太郎などという言葉もある。そういう意味ではたしかに「悪い」ばあさんであった。

この番組ではロッキーのテーマがやや安直に多用されるが、今回はロッキーのまさに正しい使用法を見せてくれた。

【91歳のおじいちゃんを戦友に再会させて】
かつて太平洋戦争で戦地に行った依頼者の祖父。戦争の世代となるともうそんな年か。

体験談が生々しい。軍に入隊して1週間で大陸に送られたとか、「天皇陛下万歳」や「お母さん」などと言って兵士たちが死んだとか、敵に対して兵士の数を多く思わせるために大声で軍歌を歌ったとか。

戦友の生き残りは2人、とはいえおそらく全員戦死したわけではなく年齢のせいだろう。そして1人はボケてしまっていて実質1人。うーんこの。
首尾よくその1人に会うことができ、思い出話に花を咲かせる2人。
70年も前のことなのにしっかり覚えているのが不思議だ。しかし「誰々が死んだ」ばかりだw

戦争なんて糞みたいな出来事ばかりで自分なら勘弁こうむりたいところだが、それでも本人たちにとっては懐かしくてかけがえのない思い出なのだろう。そう思うと複雑な気持ちになった。

PageTop

探偵!ナイトスクープ感想 ~そんな涙もろさで大丈夫か?~

2017年4月7日関西地区で放映で放映された「探偵!ナイトスクープ」の感想。

【涙もろい先生からの最後の歌】
依頼者は生徒に最後の歌を贈りたい先生。
それにしても涙が早漏すぎる。そういえばだいぶ前の依頼で、子供に絵本を読んでやろうとしたらすぐ泣いてしまって最後まで読み聞かせられない母親からの依頼があったのを思い出した。

家は生徒が遊びにこれるようにしてるが着てくれないのか。まあそんなもんだろう。先生と生徒の温度差を感じる。
泣きそうになったときのために、芯を出そうとすると電気ショックが来る「ビリビリペン」を渡される依頼者。ショックが来てから反応するまでの時間が長い…w
駅前で歌わせて度胸をつける特訓。あ…これブラックな研修でよく聞くやつだ。この手の研修はプライドを粉砕して従順なソルジャーを育てるハートマンメソッドだからなぁ。

本番でも歌い出しから半泣きだったが、何とか歌いきった。だが何を歌ったかは伝わってなかった模様。
先生の歌より寛平が登場したときのほうが生徒の反応が大きいのがちょっとかわいそうw

【お化けのせいで眠れないベトナム人】
探偵のカンニング竹山を知っているかという質問に対して当のベトナム人が「日本では聞いてないです」とバッサリ。

話によるとそのお化けは足を思いっきり持ち上げたりしてずいぶんアグレッシブだな。
枕元になぜかにんにくと包丁が。魔よけとして置いているらしい…だが意味ないんかいw

ベトナム料理店の日本人の店長は従業員であるそのベトナム人がかわいいと言う。ただし見た目のことではないときっぱり否定w
彼をかわいがる理由は自分がベトナムで世話になったことへの恩返しらしい。いい人だ。こうやって善意が連鎖していけば世界は平和になるのに。

結局、監視されながら寝たときはお化けは出ず。そらそうよw
日本に来てはじめて寝れたらしい。そしてその後出ることはなくなったとのこと。精神的なストレスが幻影を見せてたんだろうか。

お化けにはお化けということでガオーさんが出るのを少し期待したが残念w

【夢のゴールテープを切りたい!】
依頼者は年配の女性。足が遅すぎて競走で一度もゴールテープを切ったことがない模様。
足が遅いくせに対戦相手に贅沢を言い過ぎる。糞みたいな脚力なんだからしょうもないプライド捨てろw

街頭で対戦相手を探す。リア充カップルを見て幸せアピールが憎いとほざく心の狭い依頼者。ダメだこいつはやくなんとかしないと。
そうやってせっかく募った対戦相手にことごとく惨敗。小学生にすら負けるか。
最終的に同年代の女性に勝ったが、ここまでして勝って嬉しいんだろうか…w

PageTop

getter、setterのJavadocを生成するEclipseプラグイン

Eclipseを使ってJavaのプログラムを開発していると、クラスにprivateなクラス変数を作ってそれにgetter、setterを作ることが多い。
だがそうするとgetterとsetterにほとんど同じようなJavadocを書かねばならなくなって二度手間である。

その手間を省くために、これまでLimy Eclipse Pluginを使ってきた。getter、setterに対応するクラス変数にJavadocを書いておくと、それをコピーしてgetter、setterのJavadocを追加してくれるのだ。
だが、Limy Eclipseが提供しているいくつもの機能のうちで自分が必要なのは、このJavadoc生成機能だけなのだ。それだけのためにたくさんの機能をインストールすることには抵抗がある。
また、Limy Eclipseではクラス変数のJavadocに複数の文を記述することができない。Javadocで概要として認識される最初の文のみがコピーされてgetterやsetterのJavadocになるが、るが、句点までコピーしてそれに「を取得する。」とか「を設定する。」をつけるような形になるので文章としておかしくなってしまう。そのため、クラス変数のJavadocには変数の説明を句点をつけずに1つの文で記述するしかなくなってしまう。そうするとgetterやsetterのJavadocに記述できる内容もおのずと限られてしまう。
何より致命的なのは、このプラグインはクラスの中に入れ子で定義された内部クラスに対応していないのだ。内部クラスに対しては手でJavadocを書くか、別のソースファイルを作ってそこでLimy Eclipseの機能でJavadocを生成して元のソースファイルにペーストするみたいな面倒な手順を踏まねばならなかった。

そこで、getter、setterのJavadocを生成する機能に特化したEclipseのプラグインを自分で作ってみた。
名づけてAccessorJavadoc。以下のURLからインストールすることができる。
AccessorJavadoc - 自作ソフトの墓場
Limy Eclipseとの差別化として、クラス変数のJavadocの全体をgetter、setterのJavadocにコピーしてくれる。その際、最初の文のみをうまく書き換えてくれる。
また、内部クラスにも対応している。

それにしても、同じような機能を持ったプラグインを探し回ったことがあるが、Limy Eclipse以外に見つけることができなかった。
そういうプラグインの需要はありそうなのに、探すと意外とないというのは不思議だ。

PageTop

探偵!ナイトスクープ感想 ~俺はやるぜ~

2017年3月31日関西地区で放映で放映された「探偵!ナイトスクープ」の感想。

【犬ぞりの犬になりたい!】
動物のお医者さんはいいぞ。

どうでもいいが依頼者は某烏野高校の人と同姓同名か。自分で犬のコスチュームを作るとか器用だな。だが犬には思いっきり不審がられたw

前にも出てた4足走行する人・いとうけんいち登場。
この人ギネス記録保持者なのかw しかもWikipediaに記事まであるw
なんかいろいろ事業を起こしているようで、今度4足専用ジムを作るらしいけど需要ないだろそれ…w
それにしても絡みづらい人だw

依頼者といとうさんとその他の犬の多頭立てで犬ぞりを引く。
いとうさんはさすがギネス記録保持者だけあって犬に負けずしっかり走ってたが、依頼者はついていけず。足引っ張らんとそり引っ張れよw

【ナイトスクープ伝統のマイク】
依頼者はナイトスクープの制作に携わる撮影技術会社の人。
探偵たちが長年愛用してきた三研マイクロホンMS-7Cという機種がもう製造中止で部品もない状態で、伝統をつなぐ何かいい方法はないでしょうかとのこと。
依頼者は他の機種でええやん的な感じだが探偵の側がこれにこだわっている模様。めんどくせえw 上位互換の品が出ててもうこの機種の役目は済んだんだ。成仏させてやれよ。

ここで中断してスタジオに。そして第2の依頼者としてMS-7Cを譲ってもいいという人が登場。珍しい構成だな。
個人でこのマイクを持っているなんて尋常な人じゃないとか酷い言われようだが、マイクマニアの舞台芸術家とのこと。まあカタギではないなw
探偵手帳だけで譲ってくれた。やったぜ。

ところで歴代探偵紹介で北野誠が出てない気がする。ふしぎ!不祥事を起こし手降板させられた桂小枝すら出ていたのに。まあ[削除済]

【生まれ変わるために「後ろ向き」に歩く】
両親の不仲+いじめ→不登校→引きこもりというフルコンボの依頼者が後ろ向きの人生に別れを告げたいらしい。そのために後ろ向きで海まで10kmを歩くことに。…いきなり探偵がこけて終了するところだったw

依頼者は出会う人の悪意が怖いらしい。
だが出会う人の皆がみんな悪意があるわけじゃないだろう。悪意をもって接してくる人間なんて多くて1%ぐらいで、99%の人はまあこの人に何の関心も持ってないのだろう。
その1%の人間の悪意によって一度折り目がつけられた脳は完全にまっすぐにはならないのか。それをずっと引きずっている。

途中で出会った老夫婦。「はよ逝きや」なんて冗談を妻が夫に言える関係は羨ましい。
言葉こそ辛辣だがそこに悪意は感じられず、逆に信頼があってこそきつい冗談を飛ばせる。依頼者とは対照的だ。

せっかく海についたが夜遅くなので暗すぎて何も見えない。まあたどりついただけでよしとしよう。
「後ろ向きで歩くより前向きに歩いたほうが楽」という教訓を得た依頼者。番組的には感動のエンディングなんだが、残念ながらこの人の人生のエンディングは何十年も先で、魔法みたいに今までの問題が嘘のように消え失せるなんてオチはない。ここからが本番だ。

PageTop