ゴミ箱.net

汚物は消毒

時は大コラボ時代

最近何でもかんでもコラボするのが流行ってるような。
街中でもテレビでもやたらと「ほげほげ×ぴよぴよ」みたいな表記を目にすることが多い。腐女子のカップリング厨かよwww

企業がイメージキャラとして有名人や創作作品のキャラを登用したり、宣伝に特定の歌手の曲を使ったりする例は以前から腐るほど数多く見られた。そういう従来型の宣伝という古い酒を、「コラボ」という新しい皮袋に入れなおしただけの例も多い。
たとえば牛丼チェーンの「すき家」と少年ジャンプで連載中の「トリコ」がタイアップしています。あれ?でもトリコって命懸けで世界中の美味な食材を集めるようなキャラじゃなかったっけ?それをくっそ安い材料使った牛丼のキャンペーンに起用ってどういうことだってばよ?どちらの側にも作品のテーマに対する敬意など微塵もないというのが素晴らしい。ゼンショーなのに全敗してる件といいこの会社の身を削ったユーモアのセンスは評価したいと思う。

だが、そういう従来型の宣伝の枠を超えて、異業種のブランドどうしで手を組んで製品を共同開発したり、ライバル企業がイベントを共同で実施したりといった、あまり見かけなかったタイプのものが最近多くなってきた。
そういえばモンハン4にマリオやリンクが出てくるらしいじゃないですか(ステマ)。でもねゲームソフトとしてはカプコンと任天堂は完全に競合じゃないですか。敵どうしでなんで手を組むんだろう。そこに利益があるからだ。

こういうコラボというのは、ありえない組み合わせがタッグを組んだという目新しさがある。アベンジャーズとかが好きな人には受けるだろう。
だがそれも、そういうことをしている奴がこれまでほとんどいなかったという前提のもとで、だ。
最近はそういうコラボが流行りだして、どいつもこいつも似たようなことをやるようになってしまった。こうなるともう宣伝の効果も薄い。
いい加減うんざりしてきたのでそろそろ流行が終わらないかなあ。四六時中腐れのカップリングみたいな×を見せられるこっちの身にもなってくれ。

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する