ゴミ箱.net

汚物は消毒

国擬人化の系譜

「国や民族を擬人化する」という発想は昔からあり、これまでに様々なキャラが作られてきた。
その中には大成功して文化と呼べるレベルに至ったものもあれば、人知れず消えていったものもあるだろう。
そこで、今日は擬人化された国や民族を扱った作品の具体例を集めてみた。メジャーなものはだいたい網羅してると思います。(中には国の擬人化とは必ずしも言えない例もあるがご容赦ください。また、メジャーでも単発的な作品は除外しています。)こんなのもあるよ!という方は教えてくれるとうれしいです。

古典的な擬人化


インターネットなど存在しない古来から、国を擬人化した例は数多く見られる。もっとも、印刷技術やマスメディアなどの通信手段が、擬人化された国の共通的なイメージの形成に寄与していることは間違いないだろう。
全部出していくときりがないので、代表的なものをいくつか紹介する。メジャーな国にはだいたいいるんじゃなかろうか?

アンクル・サム


アメリカの擬人化。
アンクル・サム - Wikipedia
第1次世界大戦の徴兵ポスターのものが有名。

ジョン・ブル


イギリスの擬人化。
ジョン・ブル - Wikipedia
こちらも第1次世界大戦の徴兵ポスターのものが有名。

ボクシング・カンガルー


変わり種としてボクシング・カンガルーという、オーストラリアの擬人化(擬獣化?)もある。
ボクシング・カンガルー - Wikipedia

風刺漫画


新聞の風刺漫画においても国を擬人化する例は多数見受けられる。国という捉えどころのない実体を、人間という具体的なものに置き換えることで、大衆にも理解しやすくしているのだろう。

特に日本において名高いのはジョルジュ・ビゴーの作品だろう。
「魚釣り」と題する作品で、魚(朝鮮)を釣ろうとする日本と中国、文字通り漁夫の利を狙うロシアの関係が分かりやすく描かれている。

ネット生まれの国擬人化(特定作者なし)


インターネットの普及、および2ちゃんねるふたばちゃんねるをはじめとするインターネット掲示板の隆盛にともない、匿名の創作者が集団で新たな国の擬人化を作り上げることが可能になった。

ニダー、シナー


朝鮮人、中国人を表す2ちゃんねる生まれのアスキーアート。
もともと朝鮮、中国に対して非友好的な空気のある掲示板で生まれただけあって、両国を揶揄するネタに使われることが多い。
以下に典型的なアスキーアートを示す。
  ∧_∧
 <ヽ`∀´> ウリの名前はニダーというニダ
 (    )
 | | |
 〈_フ__フ

   ∧∧
  / 中\
 (  `ハ´) 私はシナーというアル
 ( ~__))__~)
 | | | 
 (__)_)


ニホンちゃん


2ちゃんねる発祥の「国際情勢風刺寓話集」。
中韓だけでなく、日本やアメリカなど各国が擬人化されている。特にニダーはほぼそのままのイメージで取り込まれている。
漫画化されたものがまんがアクセス(作者:黄鉄鉱)やニホンちゃんアラカルト(作者:難波久美)で見られる。ただしこの作者らによる作品が唯一のものではない。
商業的にも複数の本が出版されている。
なお、現在は活動停止している模様。

ポーランドボール


ドイツのふたばちゃんねる型匿名掲示板のKrautchan発祥のネタ。
アスキーアート文化の土壌がないため、作品は画像として作成される。
ポーランドを擬人?化した某ポケモンそっくりな紅白のボールをはじめ、各国がその国旗を模したボールとして擬人化される。ポーランドの色は国旗の色とはなぜか上下が逆転している。
ネタの内容は匿名掲示板生まれなだけあって風刺色が強くきつめな感じだ。
ネタ抜きでのイラストとしてのクオリティはうんこ。
詳細はKnow Your Memeを参照。

Maki 'Drawgirl' Badfox


ふたばちゃんねる型掲示板の4chanのint(International)板発祥の画像。
同一のテンプレートをもとに、各国人のステレオタイプを当てはめて作られた一連の女の子の画像。なんとも言えない表情をしている。
詳細はMaki "Drawgirl' Badfox | Know Your Memeを参照。
Maki "Drawgirl' Badfox: Image Gallery | Know Your Memeにおいて画像の例が見られる。

日本鬼子


中国人が日本人を罵るときに、「日本鬼子」(発音はリーベングイズ)という言葉を使う。ただし中国語と日本語では「鬼」という言葉の意味が違うこともあり、「日本鬼子」という言葉に対する印象は日中でそうとう違うようだ。中国人としては最上級の罵倒のようだが、その対象である日本人にはまるで響いていない。
それに対して、検索サイトでこの言葉による検索結果を萌え絵で埋め尽くしてやろうぜwというvipperの嫌がらせから生まれたキャラ。つまり厳密には「国の擬人化」ではない。
詳細は日本鬼子 (キャラクター) - Wikipediaを参照。
また、お絵かきSNS・pixivにおいて作例が見られる。企画において服装の統一がなされているため、画風こそ違うがほぼ同じ格好をしている。

ネット生まれの国擬人化(特定作者によるもの)


あふがにすタン


ちまきingが自身のウェブサイトで公開した4コマ漫画。ただし現在はキンタマウイルス騒動をきっかけとして作者が失踪し、サイトも消滅してしまった。
アフガニスタンをはじめとする中央アジアの国々を少女として擬人化している。
商業化がされており、三才ブックスより単行本が出版されている。

ヘタリア


日丸屋秀和が自身のウェブサイトで公開している漫画。
イタリアをはじめとする世界の主要国を青年として擬人化している。半円描いて地球w
作風としては後述の通り2ちゃんねるを由来の1つとするにもかかわらずギャグ寄り、ほのぼの系のようだ。あと腐向けが苦手な人は注意。
現在でもヘタリア *心のそこからヘタレイタリアをマンセーする*において作品を見ることが可能。商業化に伴いサイトから作品を消してしまう作家がちらほらいる中、後述の通り商業化に成功したにもかかわらず無料公開し続けるあたりは良心的である。
ただし内容については決して良心的とは言えない。「ヘタリア」(へたれ+イタリア)ネタをはじめとする2ちゃんねるの軍事板のネタを取り込んでおり、逆に「ヘタリア」という呼称を乗っ取ってしまうに至った。(もっとも軍事板のネタも一次ソースというわけではないし、呼称の件についても自身のコントロールの範囲外である。)また、非公式とはいえ擬人化されたイタリアに「ヴァルガス」などというスペイン系の名をつけるところからして、国に対する知識は相当に怪しい。
商業化としては稀に見る大当たりであり、単行本・アニメ・映画化がされている。

Scandinavia and the World


デンマーク人であるhumonが自身のウェブサイトで公開している漫画。
デンマークをはじめとするヨーロッパ諸国や、その他の主要国を男女問わず擬人化している。とりわけバイキングの子孫たちの国が充実しているような。
作風としては民族性をネタにしたものが主で、あまり毒気はない。作者はデンマーク人だがセリフは英語なので英語さえ分かれば読むことはできる。ただし対象となる民族の知識がない日本人には理解しにくいネタも多い。
Scandinavia and the World - The Foxにおいて作品を見ることが可能。
商業化については、自身のサイトで小冊子やグッズを販売している。

番外編


政府機関も日本のソフトパワーに毒されてきているようです。

わたしたちの同盟


アメリカ軍による日本向けの広報漫画。軍が宣伝にイラストを使うという第1次大戦以来の伝統のある意味正当な後継者。
アメリカを擬人化したと思われる「うさクン」というキャラが登場する。
Our Alliance - A Lasting Partnershipにおいて公開されている。
日本人イラストレーター・漫画家のヒライユキオを起用した萌え系の絵柄。アメコミ風にしなくて大正解だったね。

フィンたん


駐日フィンランド大使館の公式ツイッターの「中の人」。厳密には「国の擬人化」ではない。
キャラのイラストは公募による。ゆるすぎもせず、萌え豚に媚びすぎず、無難なデザイン。
ただ日本文化への理解があと一歩足りなかったようだ。なんで「たん」なのに男なんだよ。

シャロウムちゃん


イスラエル大使館の公式ゆるキャラ。これも厳密には「国の擬人化」ではないが。
当人いわく世界の平和のために頑張る「平和の大使」らしいがお前が言うか
名称はヘブライ語の挨拶「シャローム」とオウムの合成。シャロームには「平和」の意味があり、アラビア語の「サラーム」と語源を一にする。まあ当人どうしは血みどろの殺し合いをしてるわけだが。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

はじめまして

ブログ読ませていただきました。
POIのバグレポートの「Bug 48803」
https://issues.apache.org/bugzilla/show_bug.cgi?id=48803

が訳せなくて困っています。whenが連発していて、訳せません。

おわかりでしたら、教えて頂けませんでしょうか?

usagi | URL | 2013-10-05(Sat)16:27 [編集]