ゴミ箱.net

汚物は消毒

やさしい世界

公益財団法人動物環境・福祉協会Evaが利益のために動物を苦しめるペットショップをなくすためにペットショップで動物を買わないよう呼びかけている。
遺伝子を広めるという意味では、ブリーダーがバンバン繁殖させた個体が金で取引され、無知な飼い主にバンバン殺されているほうがある意味"幸せ"なのかもしれない。そういう事情があるおかげで需要が保たれ、生産が確保されるともいえるのだから。

????「牛も豚も鶏も、他の野生動物に比べれば、種としての繁殖ぶりは圧倒的だ。君たちは皆、理想的な共栄関係にあるじゃないか」

とはいえ、人間の利益のためにむやみに動物が苦しめられるのも心が痛む。無駄に動物に苦痛を与える畜生業者はぜひとも淘汰されてほしいと思う。(ただ、たとえば大勢の人の命を救うために必要最小限の実験動物が苦しむのはしゃあないとも思う。そういうのも含めて動物を苦しめることを全否定する人間は文明社会で生きるべきではないのでセンチネル島あたりへどうぞ。)

ところで人間は動物の品種改良が大好きで、いろいろな動物の品種を人工的に作り出してきたが、作り出された品種の中には存在そのものに同情せざるを得ない闇が深いものがけっこうある。
たとえばチワワは水頭症・膝蓋骨脱臼・気管虚脱・白内障・泉門開口という遺伝病のバーゲンセールだ。
金魚のピンポンパールは見た目のおもしろさのために肝臓肥大と腹水を固定化させられたあげく3年生きれば儲けもの
ブリーダーや飼い主がどれだけ良心的にしていても生きること自体が地獄。こういうのも規制できないもんかね。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する