ゴミ箱.net

汚物は消毒

探偵!ナイトスクープの「雨漏りを直したい!」が近年稀に見る糞回だった件

2016年5月13日に関西の朝日放送で放映された「探偵!ナイトスクープ」。
視聴者からの3つの依頼のうち最初の2つは良回だったのだが、最後の「雨漏りを直したい!」が近年稀に見る糞回だった。

あらすじは以下のとおり。
借家に一人暮らししている依頼者の女性。家が雨漏りしており、風呂の湯沸かし器も壊れて風呂にも入れない。大家に言っても修理を拒否されたので、自力で修理したいがそれも難しい。かといって引越しする資金もない。なので家を修理してほしいということで、探偵局に依頼が出された。
カンニング竹山が探偵として派遣され、依頼者の悩みを解決することになるのだが…

そもそも業者に頼めば解決するような簡単な依頼ではある。
ただ、そういうつまらない依頼であっても、番組のスタッフがうまく調理することで爆笑ネタにつなげられることも多い。ナイトスクープはそういう番組だ。

ただ今回に限っては、登場人物がことごとく不快な連中ばかりで笑うに笑えず、非常に苦い後味しか残らなかった。

依頼の発端は、大家が借家の修繕を拒否したことである。この大家がすべての元凶。
弁護士事務所のウェブサイトによると、借家の大家には借家の修繕義務があり、それを借主に転嫁するような特約も無効だそうだ。なので今回の件は大家に、少なくとも雨漏りは修繕する義務がある。家賃が格安の3万円?知るか。
その義務を大家は放棄し、責任を借主である依頼人に押し付けているのだ。依頼人は法的知識のなさ(や知能の低さ)につけこまれ、うまく言いくるめられてしまった。法律を知らなかったのかもしれないが、大家ともあろう者の法の無知は言い訳にならない。

これをそのままテレビで全国に流してしまう朝日放送も同罪だ。大家の違法行為にお墨付きを与え、助長することになりかねない。
大家の行為がそもそも違法であることはきっちりと分かるようにしておくべきだろう。大いなる力を持ちながらそれに伴う大いなる責任を投げ出した第四権力。

次に依頼者もかなり問題がある。
twitterを見ると「ヤバイ」とか「闇が深い」とかいうツイートがずらずら並ぶ。
家の中はかなり散らかっており、「整理できない人」のようだ。また、かつては結婚して子供も2人いたが、夫から「子供が3人いるみたい」、子供からは「お父さんはお母さんの面倒を見るのに疲れた」などと言われて離縁され、今は一人暮らしだそうだ。
医者ではないので正式な診断を下すつもりもないが、率直に言って何らかの発達障害か軽度の知的障害だろう。
そんな弱者をネタのためにテレビで晒し者にする番組制作者の見識を疑う。
もっとも、ナイトスクープでこういう弱者を晒すのは今に始まったことではない。ずっと昔からまれによくやらかしている。
認知症らしき老人や(例として超高齢の素人マジシャン。あと遠野のカッパ淵の名物老人もだったか?)、女の子のような髪型をさせられた男の子などを平然と出してくる。

ただ、仮に障害や法の無知があったとしても、大家につけ込まれて自分で家を修繕する羽目になったことについて、この依頼者を単なる哀れな被害者と見るつもりもない。
自分の権利を主張しない人間がいると、それが悪しき前例となって他の人間が権利を主張しづらくなる。その点で依頼者の行為は社会にとって有害だ。

家の修繕費用を番組が持つことになったが、カンニングの竹山が番組中で撮影スタッフに費用のカンパを求めて出させている。
このことは弱い下請けスタッフに対するパワハラであり、決して許されるものではない。(ネタという可能性もあるが、真偽は視聴者には分からないので真とみなして話を進める。)
スタッフは慈善事業ではない。金銭の対価として仕事をしているのだ。なぜ自腹で経費を出さなければならないのか。撮影にかかった金は経費として、プロダクションかテレビ局が負担すべきだろう。
まして撮影スタッフなどは権力ピラミッドの末端の下請けだろうし、大した給料を稼いでいないだろうことは察しが着く。

仮にネタであり実際にはスタッフの個人負担などなかったのだとしても、見ていて不快感しかなく、全く笑いどころがない。精神論を振りかざして権力をかさに着て下っ端をいじめるネタが喜ばれるとでも思っているなら芸人やめちまえ。

朝日放送よ、どうせファンなら何やっても見るだろうと高をくくってるんじゃないのか?ただでさえ最盛期に比べて視聴率が落ちてるのは分かってるんだろう?
あんまり糞ネタばかりやってるともう見るのやめますよ。

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

観ていて本当に不快でした。
寛平さんの依頼回もメチャクチャ具合が酷いですが、今回は特に酷いですね。

ホームセンターの店員も、借家における大家の修繕の義務を知らなかったのでしょうか。
たとえ竹山の態度が台本だったとしても、番組制作陣の人間性が見て取れます。

別局ですが、吉本新喜劇も謎の韓国推しが酷く、観るのをやめた口です。
(フランスに行って韓国料理を食べたい、だののネタがありました)
このままおかしな番組制作を続けられると、やはりナイトスクープも観るのを躊躇してしまいますね・・・。

| URL | 2016-05-18(Wed)15:27 [編集]


Re: タイトルなし

コメントありがとうございます。
誰か1人ぐらい依頼者に大家に修繕義務があることを伝えられる人間はいなかったのかという思いがあります。
カンニング竹山のパワハラが単なるネタなのかどうかは視聴者には分かりませんが、あれを面白いと思っている時点でお里が知れますね。
正直見限りたい気持ちも強いですが、まだまだ良質のネタも多いので切るに切れないのがつらいです。
せめてああいうネタを嫌う視聴者が少なからずいるぞということが製作陣に伝わって、損得勘定でもいいのでああいう糞ネタをやめる方向に少しでも動けばいいのですが。

recyclebin5385 | URL | 2016-05-18(Wed)20:57 [編集]


撮影クルーが下請けの末端がたいして稼げないとはどこの情報なんでしょうか、、、
私が知る限りでは皆がそういうわけではありません。
例えそうでも一同業者としてあなたこそ不愉快です。

あか | URL | 2016-05-27(Fri)22:10 [編集]


あか様
私のブログの記事を細かいところまでよく読み込んでいただけたようで何よりです。
業種は違えど下請けの苦労話はよく耳にしますし、テレビ業界についても制作スタッフは薄給だという情報をよく聞きますので僭越ながら心配しておりました。(例として次のような記事もありますね。 テレビ制作会社の年収相場 | 転職ステーション <http://www.tensyoku-station.jp/info/12832/>
少なくともあなたの周りではそのようなことはないのですね。それはよかったです。
今後ともよろしくお願い申し上げます。

recyclebin5385 | URL | 2016-05-28(Sat)20:49 [編集]


そうかな?私はいい回と思った。
だってこれが生活だもん。一般人はそういう人がいてますよ。これが世の中ですよ。
竹山さんはよく自分の個性生かして面白くしてたと思う。
そもそもナイトスクープなんて昔なんかもっと下衆なことして視聴率とっていて、それがウリだから今回は優しいほうです。
小枝、長原探偵なんてイジリがすごいから!

ぴほ | URL | 2016-06-02(Thu)09:44 [編集]


ぴほ様
ああいうのが良くも悪くもカンニング竹山の持ち味なのだと思います。それを好きな人もいれば嫌う人もいるでしょう。ただ、スタッフに費用を負担させるというのは本当にやらせたのであれば許されるものではありません。
また、この回よりも下衆なことをしていた回があったのは確かですが、その事実をもってこの回が悪くないということにはなりません。もっと悪いものがあったとしても悪いものは悪いです。

recyclebin5385 | URL | 2016-06-04(Sat)00:32 [編集]