ゴミ箱.net

汚物は消毒

ひよ子のぬいぐるみ

かわいいひよこのぬいぐるみです^^
CIMG7381.jpg

それ「ひよこ」ちゃう「ひよ子」や。
CIMG7364.jpgCIMG7392.jpgCIMG7393.jpg

贅沢にボア生地を使用。
CIMG7604.jpg

こんなもの売ってないので自作。公式でグッズとして売ればいいのに。

※ただし枕サイズの巨大なひよ子のぬいぐるみの実体が何例か観測されている。ゲーセンの景品らしい?
使っている機材とか
バリィさんといっしょに秋葉原と友人宅に行ってきた。|瀬戸内の空の下で
卵とオレンジの日々。 寝違えるひよこ。

※記事を公開した後で同じようなものを作っているプロに気づいた件。タッチの差で先を越されたか。
ゆりえ Rose Tea乃工房(@8761626127484e5)さん | Twitter

以下作り方。

原材料:
布。綿布でもフェルトでもボアでもおk。“実物大”なら20cm四方ぐらいあれば大丈夫か?
綿。ぬいぐるみ用の綿がベストだが、手に入りにくかったら水槽のフィルタ用のウールなどでも代用可能。(フィルタ用のウールは百均で売ってた。)
目×2。これはさすがに手芸店じゃないと手に入らないか?“実物大”なら3mmのものがちょうどいい。(手に入らない場合は黒いフェルトを縫いつけるとかマーカーで書くとかで代用?)

布を切る。側面×2と底面による構成とした。
CIMG7396.jpg

側面どうしを縫い合わせる。
縫うときは布を裏返しておくこと。
引っ張ってもほつれにくいよう、縫い方は半返し縫いとし、縫い始めと縫い終わりは逆方向に重ねて縫って補強した。並縫いは引っ張ると布が縮まるのでおすすめできない。
CIMG7414.jpg

尻の部分は裏返したり綿を詰めたりするための開口部としてあえて縫わないでおく。あまり開口部を小さくすると後で苦労するので注意。
最終的な縫いあがりは下の画像の通り。これでも開口部は小さいかもしれない。
CIMG7415.jpg

側面と底面を縫い合わせる。
片方が曲線なので非常に縫いづらい。
CIMG7416.jpgCIMG7417.jpg

裏返す。
くちばしのところが裏返しにくいので、先のとがった棒を差し込んで押し出す。(鉛筆なんかを使うとたまに布目や縫い目を突きぬけてしまい、黒く汚れるのでお勧めしない。菜箸みたいなのがいいのか?)
CIMG7418.jpg

綿を詰める。
あとで目を縫いつけるので、特に頭のほうはできるだけみっちり詰めたほうがいい。
CIMG7419.jpgCIMG7420.jpg

開口部を縫合する。
ここではコの字縫いを使う。糸を締めるとどうしても縫合部が波型になってしまう。
CIMG7421.jpgCIMG7422.jpg

目を縫いつけて完成。
目は左右を1本の糸で同時に縫いつけて、互いに引っ張られるようにする。そうすると目が少し窪んで収まりがいい。
CIMG7424.jpg

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する