ゴミ箱.net

汚物は消毒

探偵!ナイトスクープ感想 ~大阪では日常茶飯事だぜ!~

2017年5月5日関西地区で放映で放映された「探偵!ナイトスクープ」の感想。

【うな重ならぬハブ重を食べたい】
三浦しをんの小説「神去なあなあ日常」に登場したハブ重を食べたいという依頼。
しかしナイトスクープでその名を聞くとは。出世したなぁこの人。大昔にまだルーキーだったこの人の「極め道」というエッセイをたまたま読んだことがあるがオーラを感じた。わしが育てたとは言わんが感慨深い。
ハブ毒を気にする依頼者。だがハブ毒は食っても大丈夫だろう。血管に入らなければどうということはない。

ハブを求めて奄美大島のハブセンターに。
ハブセンターの人の帽子がすごい。ハブ革製のオリジナルか?ファラオの頭飾りみたいにハブの頭がついてるw
その人にハブ取り名人を紹介してもらい、ハブを捕まえに行くことに。
ハブセンターの人「ハブを食べたら逆立ちしないとイカン」。ちんちんに血が集まりすぎるのを防ぐということですかわかりません!こんな感じの陽気なおっさんだが、「危険は伴います」と警告するところだけ目が真剣だった。締めるところは締める。

ハブ取り名人登場。いきなり何言っているのか分からん。これが奄美語か。日本語でしゃべれやここ日本だぞ…と言いたいところだが歴史を考えるとちょっと憚られるな。
ハブのいそうなところを素手でチェックする名人。そんな装備で大丈夫か?
名人「こんな怖い思いまでしてハブを食べたいのかね」ごもっともでございます。
なぜかサントリーオールドの瓶が落ちている。「ここにハブがオールド」w

…ここでまさかの勘違い発覚。本に載っていたのはハブではなくマムシだった。
多くの人の厚意を一瞬で無に帰すストロングスタイル。
さすがにハブセンターの人もキレ気味に「復唱して読んでね」と。

沖縄を後にしてマムシを食べられる群馬のジャパンスネークセンターに。
そこの職員いわく「まだ8回ぐらいしか噛まれてない」。
マムシの調理は脊椎が太いので細かく叩き潰す。取り去るんじゃないのか…
そしてマムシ重完成。味はともかく、肉がチリチリに縮まっていてものすごくまずそうだった。

【夕食にタコ焼きだけ!?】
大阪で街頭インタビュー。
夕食時におかずなしでたこ焼きを食べるのは当たり前らしい。たこ焼きだけを食べる率は脅威の94%w
全自動たこ焼き器。振動で勝手に回るらしい。よくできてるなぁ。

石田靖の家に突撃となりの晩ごはんw 石田は迷惑をかけていい存在らしい。
最初はつれなかったが何だかんだで入れてくれた。
百均で買えるようだが道具が本格的すぎる。たこ焼きを入れる舟、ピック、刷毛、マヨネーズを細く出すやつ。そして今は電気のたこ焼き器だが、昔は夜店で使うようなガスのたこ焼き器を使っていたらしい。奥さんがたこ焼き屋の娘だというのも納得。
しかしみじん切りこんにゃくなんてたこ焼きにしか使えそうにない食材はいまだ見たことないんだがそこらに売ってるのか…?

【大好きなお天気キャスターのクセ】
大好きなお天気キャスター・清水とおるの癖を発見した依頼者。
依頼者いわく、たむらけんじにはお辞儀をした後にかかとを上げて体を少し跳ねるようにする癖があるらしい。言われてみればたしかにそうだった。よく見てるなぁ。
清水さんの癖というのは、しゃべったときの区切りに軽く顎を引くというもの。依頼者が言うには癖にはレベル5まであって、レベル4になると唾を飲むらしい。いっぺん意識してしまうと気になるな。

清水さんに会わせてくれるよう、元ナイトスクープのスタッフであるテレビ局の偉いさんに無理強いしたがあえなく断られてしまった。そらそうよ。あーあ依頼者泣かしたw
だが、なんとか放送後に会わせてくれることに。また依頼者泣かしたw
清水さんとの面会。グリーンバックに衛星画像を入れて本物の天気予報みたいにしてくれる粋な計らい。
生で清水さんの癖を見た依頼者の顔w
依頼者「癖は好きなのでちょっとだけ抑えてください」無茶言うな。
しかし清水さん自分では癖に気づいてなかったのか。そして気づいた後もガッツリ癖が出ていた。なかなか直せないものだ。

…ひらめいた。会いたい人の癖見つけたら会えるのかw
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する