ゴミ箱.net

汚物は消毒

探偵!ナイトスクープ感想 ~勝ち、勝ち、勝ち!剣士として恥ずかしくないのか~

2017年5月19日関西地区で放映で放映された「探偵!ナイトスクープ」の感想。

【0勝70敗…剣道で夢の1勝を!】
今まで剣道で1勝もできなかった34歳の女性。
だがまだ未練があるらしく、道具も大事に持っている模様。
澤部「道具燃やしたら?」ごもっともでございますw

どうしても勝ちたいらしく、いい年した大人が老人やら3歳児やらを対戦相手に希望する…それで勝ってうれしいのかw
ちょうどうまい具合に、剣道で未勝利の8歳の息子に勝たせてやりたいという別の依頼が来ており、その息子と対決させることに。
34歳vs8歳。勝って当たり前、もし負けたら末代までの恥。ハイリスクノーリターンすぎやろw
3本勝負で8歳の子がまず一本。これはもしかするか?と期待したが、その後立て続けに一本を食らってしまい、結局負けてしまった。
8歳の子はよく頑張ったよ。総合では負けたとはいえ、あの体格差の相手に一本取ったことは誇っていい。
依頼者?知らんわw

【たった1人の親友『なかのりょうた君』を探して】
依頼者は近畿大学の学生。家に親友が遊びに来たときにその親友が皿を割ってしまった。それを境に親友が消えてしまい、LINEでの連絡もできなくなったらしい。
まさかとは思いますが、この「なかのりょうた」とは、あなたの想像上の存在に過ぎないのではないでしょうか。

一瞬そんなふうに思ったが、「なかの君」は一応実在しているらしい。理系の3回生ということだけは分かっている。学部も分からないフレンズなんだね!
大学の職員に聞いたが、個人情報は教えられないとのこと。世知辛い話だが、変なところから情報が漏れるよりはましか。

大学の「放送局」に案内放送を流してもらい呼びかけることに。案内放送が雑だなw
放送の甲斐あって当人が放送局に来たとの情報。しかし来たのは似ても似つかぬ同姓同名の別人だった。巻き添え事故感すごいなw
その後もゼミに押しかけてみたり食堂に足を運んだり。依頼者いわく「どうしたらいいのか分からん」それゼミの人のほうやろw

ようやくなかの君を知っている教員を見つけ、なかの君にたどり着くことができた。今度こそ本物だ。
連絡がつかなくなったのは、スマホのパスワードを忘れて初期化し、LINEのデータも消えてしまったためだった。
なお依頼者にとってなかの君は唯一の友達だが、なかの君には友達が多い模様。あっ(察し)

【ジャンジャン横丁は今】
大阪の下町を街頭調査。
濃いおっちゃんだらけで草w すぐ橋本探偵を拉致るし。
9時から2時半まで立ち飲みしてる爺さんとか、お祭りで肩を骨折したおっさんとか、橋本探偵の人生相談を聞いてくれるおっさんとか、自分のことを「怖ないわいっこも」と怖い顔で言う店主とか。
おばちゃんのエンカウント率も高い。

射的屋!そういうのもあるのか。夜店ぐらいでしか見たことないぞ。
全面をデコられた特製の銃すげえw

フレンドリーなのはいいがさりげなく失礼で草w
「銀シャリの連れ」呼ばわりされる橋本w この人も銀シャリなんだが。

橋本探偵だけでなくスタッフにも寿司を奢ってくれる。店員いわく「大阪人情新世界や!」
ことばの意味はわからんがとにかくすごい自信だw

しかしこれを見て大阪全体があんなのだと思われても困るな…w
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する