ゴミ箱.net

汚物は消毒

探偵!ナイトスクープ感想 ~かみのちから とくと めに やきつけておけ!~

2017年7月14日関西地区で放送された「探偵!ナイトスクープ」の感想。

【「グリーングリーン」を泣かずに歌いたい!】
依頼者の母親は「グリーングリーン」を歌うとどうしても泣いてしまう。
失礼ながら絵に描いたようなヤンチャというか…。どう頑張っても歌で泣いてしまうようなタマには見えない。
依頼者29歳に対して母親41歳。12歳で産むのはさすがにヤンチャすぎやろと思ったら、実母ではなく継母だったか。
母親は友達の前では見栄を張って涙を流さなかったらしい。ヤンチャあるあるやなw そこで幼馴染を連れてきてその目の前で歌わせる作戦によりどうにか歌いきることに成功。

「グリーングリーン」は曲調こそ明るいが、歌詞は父親との永遠の別れを予感させる重苦しいものだ。歌詞の意味についてはいろいろな解釈があるらしい。自分が聞いたことのあるのは父親がベトナム戦争に行くというものだ。
なので、これは本来悲しい歌であって歌いながら泣いてもおかしくはないはずなのだ。依頼者の母親は豊かな感受性でそういう空気を感じ取ってたんだろうか。

【超レア!?平成14年の硬貨を探せ!】
依頼者の娘の生まれた年に合わせた平成14年製造の500円玉をあげたら、その後ずっと大切に持っているらしい。そこで他の種類の硬貨もそろえてプレゼントしたいとのこと。
硬貨の発行枚数には増減があり、この年はよりによって外れ年だったらしい。発行枚数の比率が1円玉が0.02%とか100円が0.08%とかいうレベル。

最初に近所の家を訪問して探そうとしたら訪問先には「納得いかない」と一度は断られてしまう。そらいきなり訪れて硬貨見せろとか納得いかんわなw
家を探すと旧硬貨とか50枚つづりの棒のままとかが出てきた。むしろそっちのほうがよっぽどレアなんじゃないか。

近所の子供や通りがかりのおばちゃんからもらったり、ゲームセンターの硬貨のストックから探し出したり。
だが1円だけどうしても見つからない。

最後は神頼みということで尼崎ゑびす神社の賽銭を探す。神社の人は「(ナイトスクープを)尼崎の人全員見てるんですよ」とか「賽銭に1円が多いのも尼」とかおもろいこと言わなあかん決まりでもあるのか。さすが大阪府尼崎市やなw
そしてついに1円玉を発見。発行年のところにカスがついてて見落としてたところをもう一度見直すと、それがちょうど探していたものだったという神がかった展開。持ってるなぁ。

金額的にはたった666円ではあるが、自分のために手を尽くして探してくれたというのが嬉しいわな。

【野球のルールを知らなさすぎる妻】
そんな奴おれへんやろ…と言いたいところだが松尾秘書もルールを知らない模様。興味がないにしてもルールぐらい現代人の一般教養だと思っていたが、案外そうでもないらしい。
依頼者は妻に野球の楽しさを理解させたいらしいが、それもちと傲慢な気がする。相互不干渉が一番。まあ妻が前向きだからいいか。

プロの試合を生で見てルールを覚えることに。そして解説役としてパンチ佐藤。
二塁と三塁の間とかしょっぱなから難問が。でもショートってどういう意味だろう。自分もよく知らずに使っているな。
三塁打の意味も誤解していた模様。打者が三塁まで行くことだが、球が三塁方向に飛ぶことだと思っていたらしい。素人ってこういう感じなんだろうな。
徐々に狂っていくパンチ。フィルダースチョイスなんてまた上級者向けなルールを…
依頼者妻は依頼者妻でデッドボールの“実演”をお願いするし。鬼かw
最後は依頼者妻自らピンチヒッターとして打席に立つ。ラインアウトしたら本来アウトだが見逃してもらったり、サヨナラホームランを打たせてもらったりと接待が手厚かったw
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する