FC2ブログ

ゴミ箱.net

汚物は消毒

探偵!ナイトスクープ感想 ~考えるな、感じろ~

2018年1月26日に関西地区で放映で放映された「探偵!ナイトスクープ」の感想。

【亡き母が作った5年前の角煮を食べたい】
5年前に依頼者の母がくも膜下出血で急逝。その日に作った角煮がいまだに冷凍庫に残っている。5年たってもまだ悲しみを消化しきれてないのか…。
だが、冷凍していたとしても冷凍焼けで劣化しきっているんじゃないのか?酸化した油脂をなめてはいけない。
それにしても氷の結晶がきれいに育っている。取っておきたい気持ちも分かるw

検査したところ雑菌が入っていたが、一応は食べれるという結果が出た。100度以上で加熱して少し食べるぐらいであればリスクを軽減できるらしいが、「ちょっとはおなかが痛くなるかもしれません」とのこと。
…大丈夫かこれ?マッマは娘を道連れにすることを望んではいないぞ。

料理担当の林先生を召喚。医学担当の谷先生じゃないのか?
冷凍された角煮の封印を解いていく林先生。見た目は普通だが、さすがに肉の臭みが出ているので、味を変えないようネギとショウガの皮で臭みだけを消す。
出来上がりを食べた依頼者が、味がそのままだと言って涙を流す。
…さすが林先生。谷先生ではなく彼を召喚して正解だったな。彼でなければ角煮を蘇生させることはできなかっただろう。

【パンチングマシーンをクリアして息子を喜ばせたい!】
アーケードゲーム「ソニックブラストヒーローズ」。だいぶ前にソニックブラストマンってあったが息の長いシリーズだ。強盗、暴走トラック、恐竜、タコの化け物、そして最後は隕石までパンチで倒すのかw
依頼者は4面まではいけるが、最後の隕石だけは倒せない模様。
kg単位で得点が出るが、開発者によると力ではなくスピードが肝心らしい。

奥さんからのビデオレターで発奮させる作戦。だが辛辣すぎて逆にエナジーを吸い取られてしまったw 「中国に帰らせてくれない!ケチ!」とか言われりゃあね。
実は発奮させるためにあえて辛辣なことを言っていただけなのだが、本心のVTRも微妙…

何回やっても勝てないどころかだんだん成績が落ちてないか?息子も飽きてしまった。
最後の手段として禁断のノルマ調整。そういうことできるのか。
最後の面のノルマを200㎏にして、2回目でようやく勝てた。うーんこの。エンディングを見れりゃあいいのかと。

【エンド5秒を解説して!】
2017年のエンド5秒を解説してほしいという依頼。
依頼者は高齢の女性だが、子供でも分かる単純なネタが好みのようだ。そしてとりわけ真栄田探偵に対しては極めてドライだった。うん、あなたは正しい。

以下は紹介されたネタの一覧。
真栄田「見てください引き寄せの法則です」(女性の下着を身に着けて)
寛平「どこででも寝れる」
石田「使い方間違っとーる2017」(双眼鏡を逆にして)
田村「皆様こちらが先ほどまでわたくしが立っていた場所でございます」 ここで空気が固まったw 意味が分かってても分かってなくても面白くない。
竹山(鼻に詰めたティッシュに火をつけようとして舌を出す) 不細工さを存分に活かしているとかまた辛辣な。
澤部「いないいないばんそうこう主食の人」 受けなかったので言葉を足そうとして切られているw
寛平「うへへ膝が笑ってる」 これは普通にウケたな。
たむら「ひいじいちゃん」(ひじに顔を描いて) これもウケたな。
橋本「おにぎりのバッグ買ってん。中身?おかか。」
石田「何やムシムシするな…何やねん」(虫のシールを張って) 逆切れを後から足したところに「石田さんの悪いとこ出てる」とダメ出しされた。前に逆切れをやってウケたので味を占めたらしい。
澤部「物真似します。黒い綿棒」
寛平「コラッ!メッ!」(小さい目を手で開いて)
真栄田「私は安室奈美恵と同じ出身です」 馬鹿の一つ覚えと言われるw
澤部(右手が刀の人)「メリークリスマス、はい、じゃあケーキ切りますね。はい」

最後にたむら探偵に生で見せろと無茶ぶり。「安木節 ざるちっちゃー」
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する