ゴミ箱.net

汚物は消毒

探偵!ナイトスクープ感想 ~足拭きマット~

2018年5月25日に関西地区で放映で放映された「探偵!ナイトスクープ」の感想。

【人生を変えた日本語教師に会いたい】
依頼者は母国で日本語を教えてくれた日本人の先生を探したいというニュージーランド人。
その後日本に来て日本人と結婚したんだから、まさに人生を変えたと言っても過言ではない。
その先生は当時、地元の新聞に記事にまでされている。よっぽど日本人が珍しかったんだろうなぁ…。
依頼者は「困ったときのナイトスクープ」ということは知っていた模様。それだけ覚えていたら最悪何とかなるからなw

先生の母校である京都外大の校友会で尋ねたら見つかったが、個人情報とのことで連絡先を教えてくれない。悪用される危険があるから仕方がないのは理解するが、世知辛い世の中になったな。だが実家と連絡はつけてくれた。
その後本人が北海道にいることが分かり、無事再会できた。…英語で話しかけられて固まるんじゃないw あんた英語の先生やろw

【縮んだセーターを元に戻して!】
夫の気に入っていたセーターを洗って縮ませてしまったので元に戻してほしいと。クリーニング屋にもさじを投げられた。
それにしてもきれいに縮小されたな。ただ縮んだ分の体積は厚みに変換され、生地がものすごく固くなっているので、子供に着せるのも無理。まるで外の足拭きマットw

風船で膨らませて伸ばそうとするが、空気圧がセーターの圧に負けてしまい、開口部から風船のふくらみが逃げて失敗。
次は小さい人から順に着て徐々に伸ばしていく作戦。だが素材が固すぎて拘束具になってしまっている。
最後のほうは田村探偵180㎝、武蔵185㎝にまで着せる。無理やり着せたら顔色が…血が止まって死ぬぞこれ。
セーターを見た夫が一言「何これ?」…こっちが聞きたいわw

【チーズで離婚の危機!?】
依頼者である妻はチーズが好きだが、その夫はチーズ嫌いで妻がチーズを食べることすら許さない。
そして妻は自分ひとりでチーズを食べるのではなく、夫と一緒に食べるのが願いらしい。寛平探偵「ええこと言うやん」…は?なぜ嫌いなものを無理に食べさせようとする。
夫は夫で妻を無理やりカラオケや銭湯につき合わせたりしているし。ある意味お似合いの夫婦だ。
「お前は私に苦痛を味わわせているのでお前も苦痛を味わえ」の精神、見習いたい。
夫にロックフォールチーズの洗礼を浴びせた後で妻のチーズ料理を食べさせる。…おいしいのかよ。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する