ゴミ箱.net

汚物は消毒

探偵!ナイトスクープ感想 ~BLOOD FATE~

2018年6月15日に関西地区で放映で放映された「探偵!ナイトスクープ」の感想。

【悪と戦う!おっさんヒーロー】
50万の自作スーツで「コシヌマン」になりきる依頼者。53歳独身…そういうとこやぞ。
必殺技は「コシヌレッドアイモード」。赤いバイザーを下すことで周りのすべてが悪に見える。正義とは…

独りぼっちはさびしいもんなwということで同類と対決させてもらうことに。仮面ライダーにやられても毎回立ち上がっていくショッカー戦闘員になりたい47歳男性。いや毎回も何も別人なのでは…。ちなみにバツイチ。そういう(ry
依頼者「相当変わった方じゃないかなと」…今特大のブーメラン投げたの分かってるか?

怪人に囚われた美女を救うという筋書きで採石場で戦う。
怪人役に元プロボクサーの浦和洋一さん…似合うわw あとやられ役の戦闘員が何人かいたが、こっちは本職らしくマジモンのアクションを見せる。
最後はコシヌマンと戦闘員のガチ勝負。戦闘員にガチで負けるのかよヒーローw
なぜか戦闘員に礼を言う囚われの美女。いやそれさらったほうだから…

【外国人の昨日の晩御飯】
1人目はブラジル人女性。職業はサンバダンサー。いかにも外国人な見かけの人がコテコテの関西弁なのを見るとどうしても違和感が…w
出してきたのは「ブラッドフェイト」。BLOOD FATEではない。1つの皿にまとめた料理のことを言うようだ。要はワンプレートランチ。
ただ、字幕でもブラッドフェイトと書かれていたが、正しくはプラットフェイト(prato feito)のようだ。濁らない。ポルトガル語でpratoは皿、feitoはfazer(作る)の過去分詞形。直訳すると「作られた皿」。pratoは英語のplateと同根だと思われるが、だとしたらLとRがどこかで化けているわけで、LとRの区別がつかないのは日本人だけじゃないってことだなw
載っていた料理はビッフア セボラード(タマネギと牛肉の炒め物)にフェジュアーダ(豚肉と黒豆の煮物)。肉率高いな。フェジュアーダには豚の足やら舌やら"変な"部位が入っていて、味は濃厚こってり豚骨カレーらしい。ミニ四駆のタイヤってどこの部位だったんだろう。

鶴橋のモンゴル人男性。やかんがど派手だw
ツァイ(茶)にはミルクと、なんと塩が入っている。やっぱり海のない内陸国だから塩分補給のためにそうしているのか?
山盛りの羊肉、ジョンス(蒸し麺)、ジュグスンシュル(羊肉のスープ)、ホロータ(チーズ)。
ツァイにホロータやら羊肉を入れて食べる。その発想はなかったわ。
モンゴル人いわく、日本に来て驚いたのは日本人が時間を守ることで、モンゴルには時間は午前午後しかないと。おおらかにもほどがあるわ。よくそれで史上最大の帝国を築けたなw

インドカレー店のネパール人兄弟…ん?なんか矛盾しているような。それにしても兄弟が激似だw
まかない料理のサグアルー(ホウレンソウのカレー)。手で混ぜてくれるのはいいが、人にやられるのはちょっと抵抗あるな。

道頓堀のセネガル人男性ドラマーの2人組。大阪でロケしてるのによりによって和歌山住みかよw
マトンソースのクスクス。クスクスって北アフリカのものかと思ってたらセネガルにもあるんだな。
ソースよりもクスクスに癖があるらしい。食感はおからなのか…w

【テレビの音量MAXが聞きたい】
音量は昼4、夜3って…さすがに小さすぎるだろう。澤部探偵いわくソフトな感じらしい(婉曲)。
澤部の適量は8。でも依頼者にとってはでかいのか。

音量4では48.6dBで静かな事務所並み。音量8では55.0dB。 60dBでテレビの音か。
音量10で65.2dBなので、最大音量の100で652dB…対数って分かるか?本当にそれだけの音が出せたら兵器になるぞ。
生駒山にテレビを持って行って流しても当然のごとく聞こえるわけない。
家に持ち帰って音量100にしたら74dBだった。うるさい事務所並み。所詮は家電か…。

ちなみに今回ロケした班はポンコツらしい。
生駒山でテレビの音を鳴らす時間を決める前に耳栓をしてしまって連絡が取れなくなってしまったとか、正直どうでもいいわ。
別の回での未放送シーンで、文字通りスタッフどうしプロレスからのダチョウ倶楽部ネタ。…申し訳ないが内輪ノリはNG。未放送にして正解だわ。
この茶番、尺稼ぎだったんだろうな…。音量を最大にするだけじゃあ時間も持たないだろうし。こういうのを面白いと思って入れてしまうところがポンコツなんだよ。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する