ゴミ箱.net

汚物は消毒

GIMPで集中線を描く

むかしどっかで見たのを引き写しw
GIMPについている集中線フィルタとは一味異なる集中線の作り方です。

WS000035.jpg
のような感じの集中線が描けます。


メニューから「ファイル→新しい画像」を選択し、新規画像を作成します。
画像はできるだけ大きい正方形にしておきます。今回は2560×2560にします。

前景色を白、背景色を黒にします。
ツールボックスから「ブレンド」を選び、図のようにグラデーションを描画します。マウスをドラッグするときにCtrlキーを押し、グラデーションが水平になるように注意。また、グラデーションの幅は細めにしておきます。
「ブレンド」のツールオプションはデフォルトのままでおk。
ポイントは、グラデーションの幅を狭いめにしておくこと。幅を広くすると次で風フィルタをかけるときに効果が出なくなります。ただし、グラデーションの幅があまりにも狭すぎると、仕上がりに変な線が入っているように見えるので注意。
WS000024.jpg

メニューから「フィルタ→変形→風」を選択します。
ダイアログが表示されるので、画像のように設定します。しきい値と強さは適宜変更してください。
WS000027.jpg

ダイアログのOKボタンを押し、フィルタを適用します。横に線が入ったようになります。
WS000028.jpg

横に線が入ったようになった部分を横に広げます。
ツールボックスから「矩形選択」を選択し、横に線が入った部分を選択します。ここで、線になっている部分が完全に選択領域に含まれるようにします。
その状態でツールボックスから「拡大・縮小」を選択し、選択された領域を横に拡大します。
レイヤーダイアログを表示し、「フローティング選択範囲」を選択した状態で下部の碇のボタンを押し、レイヤーを固定します。
WS000032.jpg

メニューから「レイヤー→変換→時計回りに90度回転」を選択します。
WS000033.jpg

メニューから「フィルタ→変形→極座標」を選択します。
ダイアログが表示されるので、画像のように設定します。
WS000034.jpg

OKボタンを押します。

できあがり。
WS000035.jpg

白黒で地味で嫌だ!という方は、カラフルなレイヤーを作ってこの集中線をレイヤーマスクにでもしてください。

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する