ゴミ箱.net

汚物は消毒

ソフトウェア技術者の技術って何なんだぜ?

ソフトウェア技術者という人種が世の中にはいるが、そういう人種の持っている技術とはいったい何を指すんだろうか?
これがわからない。

たとえば、(ある程度の規模の)ソフトウェアを独力で書き上げる能力があれば、技術を持っていることになるんだろうか?
それとも、暗号アルゴリズムとか自然言語解析のような特定分野のアルゴリズムに関する詳細な知識を持っていれば、技術を持っていることになるんだろうか?
それとも、開発においてバグの発生を抑えるようなコードを書けることが技術か?
多人数を抱えたプロジェクトのスケジュールを管理して納期と品質を確保できることは技術にならないのか?


もちろん、ぜんぶひっくるめて「技術」なんだろう。
しかし、たとえば「転職するときに『私は優秀な技術者です(キリッ』とアピールしたいときに、どうやって技術者としての優秀ぶりをアピールすればいいのか」と問われると、とたんに分からなくなる。

ITじゃない本物の土方の系列で「技術者」といえば、大工とか設計士あたりになるんだろうか。
大工であれば自分の建てた建物、設計士なら設計した図面を見せれば技術者アピールはできるんだろう。
こいつらは具体的なものが作品として見えるからいいよな。

しかし、IT土方系でどうやればそのようなアピールができるのか。
超有名なソフトを一人で開発しました!というならまだ分かりやすい。ただ仕事でソフトを開発するような場合だと、それが表に出せるとは限らない。
特定のアルゴリズムに関する知識が深いことをどうやって示せるのか。雑誌に連載とか著書とか論文があればまだしも、そういうアピールのしかただけだとトップレベル以外の技術者は全部ゴミ扱いになる。
ましてや、バグの発生を抑えられますとかスケジュール管理のプロですとか言われても、そういう具体性のない技術を客観的に示す方法なんか思いつかない。かといって、営業マンみたいに売り上げで技術力を間接的に測るわけにもいかない。だいたいチームプレイが多いし、バグを抑えるみたいな裏方的な技術が結果に分かりやすく現れることはない。技術力がないせいでプロジェクトが炎上したらすぐ分かるけどねww

結局は職務経歴書で当社比120%脚色済みの実績をつらつらと語って、無能な面接担当官やバカ社長をコミュ力(笑)で丸めるしかないのか。

どっかの怪しいソフト会社の入社試験みたいに、課題を出してソフトを作らせてその出来を「違いの分かる男」が見分けるのがいちばん「まし」なんだろうか。
ソフトウェア技術力の判断方法としては雑すぎるが、少なくとも両生類の糞以下の偽術者は取り除けるし、コーディング能力に限れば優秀な技術者を一本釣りすることはできそうだ。

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する