ゴミ箱.net

汚物は消毒

Excel厨がいかに愚かであるかを淡々と綴る

べつに表形式でもない、ごく普通の文章形式のドキュメントをExcelで作る愚か者がいる。
どう考えても書きづらいだろうに、奴らはただ「慣れているから」という理由でExcelを使い続ける。文章であればWordを使ったほうがはるかにましなのに、奴らは新しいことを覚えることができないので惰性で苦労してExcelで文章を書き続けている。
あと、なぜかそういう奴らに限ってExcelを方眼紙のように使うのだ。列と行を同一のサイズにして、正方形の升目に器用に文字列や図形を配置していく。まったくご苦労なことで。

Excelの欠点は、テキストエディタとしての機能があまりにも貧弱なことに尽きるだろう。Excelは表計算ソフトなので当たり前といえば当たり前だが、この当たり前のことすらExcel厨は理解できない。

第一に、Excelで文章を書いていると、文章を書いているときの思考の流れが断ち切られることが分かるだろう。
自動的にページの端で文章を折り返してくれることがないので、自分で適当に文章を切って改行しなければならない。
文章を挿入しようとしても、望みの位置にカーソルを合わせることも難しい。いったん文章の入ったセルを選択してから、カーソルを移動させねばならない。まともなテキストエディタなら表示されている文の中を1回クリックすれば済むのに。
おまけに、行を挿入するにはわざわざワークシートの行の追加をしなければならない。こちらもまともなテキストエディタならEnterキー一発でやってくれることだ。

文書に論理的な構造を作ることができない。
Wordなら当たり前に使える、インデントや箇条書きといった機能はExcelにはない。
なので、文章を書き込むセルの位置をずらしたり、セルの先頭に手で番号を振ったりしないといけない。Wordだと段落にスタイルを設定すれば済むのに。
また、論理的な構造がないということは目次を自動生成するすべもないということである。

上と関連するが、スタイルと意味が分離できない。論理的な構造がない以上当然ではあるのだが。
手で擬似的に実現したインデントや箇条書きは、当然ながら見かけだけの文章構造であるので、アプリケーションが認識してくれることは決してない。そのため、Wordのように特定のスタイルの表示を一括変更することもできない。
インデントの幅を深くしたり、箇条書きのマーカーを変えたりしたかったら、手で調べて1つ1つ変えていく必要があるのだ。無駄に手間がかかるし、もし修正をミスったり修正を漏らしたりしたらどうするんだ?

WYSIWYGの程度が低い。
Wordも完璧とはいえないが、ExcelはさらにWYSIWYGという点では劣る。
あるセルにセルの幅を超える長い文字列が入っており、そのセルの右のセルが空白の場合、文字列はセル境界を越えて表示される。このお節介機能のおかげでExcel方眼紙が跳梁跋扈する羽目になるのだが…
これのせいで、表示されている文字を編集したいときに、文字の表示位置と編集すべきセルの位置がまったく別になってしまい、編集するときに悩むことになる。

また、Excelを印刷するとよくセルの最後の文字が千切れることがある。
画面では表示されているのに、印刷だとセルの大きさが足りなくなってしまうのだ。どう考えても不具合であり、M$にはどうにかしてほしいもんだが。

文の中に画像などのオブジェクトを埋め込めない。
たとえば画像を埋め込みたいときに、Wordであれば文中に画像を挟むことができる。
しかし、Excelでセルの中に画像を埋め込むことはできない。
文中に意味のない空白文字を埋め込んで、画像の位置を合わせることで、擬似的に実現する必要がある。
このような文章を修正すると、空白の位置もずれるのでそのたびに画像を動かさなければならない。

文中にフィールドを埋め込めない。
Wordだと、たとえば文書のタイトルや章の見出しなどの特定の値を文中に埋め込んだり、自動的にリンクを生成したりすることができる。
Excelにはそのような機能はない。いちおう他のセルの値を式の中で参照することはできるが、書くのはかなりまどろっこしい。また、文の一部に対して自動的にリンクを設定することはできない。

ほかにも、セルの最大文字数の制限、同一ファイル名のファイルを同時に開けない、ウィンドウがプロセスごとに1つしか開けない、ヘッダ・フッタが貧弱すぎるといった細かい欠点は山ほどある。


逆にExcelの利点はあるのか?

任意の位置に画像や図形などのオブジェクトを貼れるという主張はあるが、Wordでもオプションを指定すれば、文中ではなく文と無関係の位置に配置することは可能。しかも、Wordであれば文を自動でよけてオブジェクトとかぶらないようにくれる。

オブジェクトを貼っても既存の記述に影響を与えにくい・レイアウトが厳密にできるという人もいる。
しかしこれは、Excelが自動的なレイアウト調整をしてくれないことの裏返しであり、つまりエディタとして致命的であることの証拠に他ならない。
そもそも位置をきちんと指定するならちゃんとした版組ソフトを使うべきである。平気で画面と印刷でフォントの大きさがずれるようなツールなのだし。
だいたい、仕様書のような仕事用のドキュメントに厳密なレイアウトを求めること自体が無駄の極みである。そんなに残業代がほしいか。


まあ、Excelにしかない利点もないことはない。
フォントサイズに対するページ幅を可変にできる、この1点だけはExcelの利点といえよう。ただこれだけのためにExcelで文章を書くには軽すぎる利点だがな。


結論:Excel厨絶滅しろ

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する