ゴミ箱.net

汚物は消毒

ゲーム製作日記1 くっ...鎮まれ...俺のゲーム製作熱...

ゲーム製作というのはプログラミングの中でも最高峰に難しいものだと思っている。
というのは、いったん起動したら順番に処理をすればいいバッチ処理や、基本的にイベントを待ち受けて処理をすれば済むGUIアプリとは違い、リアルタイム制御やら並列処理やらが絡んでくるから。
しかもいろいろな種類のイベントが発生するので定型処理が作りにくい。
画像処理や音声処理といった要素技術は別にしても、プログラム構造自体がかなりややこしいのだ。ゲームプログラムをきれいに作ることができれば開発者として上位1パーセントには入れるだろうな。

開発者としての集大成として、いずれきちんとゲームを1本作りたいという気持ちはあるんだ。
以前にそれっぽいものを作ってみたりしたことはあるが、なんか中途半端な仕上がりになってしまった。
その後も作りかけては放置したりでご無沙汰。だって面倒だもん。

しかし…最近某スレ何やらローグライクを作ってる人を見かけて、ゲーム作りたい病が再発してしまった。
昔よりはプログラミングの知識が増えたし、今はいろいろと手抜き便利なライブラリもそろっている。なので、昔作ったやつよりはよいものが出来るだろう。そう思いたいところだ。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する