ゴミ箱.net

汚物は消毒

[webgen]相対パスの指定

このページの情報はwebgen 1.4.0をもとにしています。

階層化されたウェブサイトにおいてCSSのスタイルシートや画像のファイルを含める場合、そのパスの指定は少し厄介である。
例として、以下のような階層構造を持つウェブサイトを構築する。
├─css
│ └─style.css
├─index.html
└─sub1
  └─sub1.html

ここでindex.htmlとsub1/sub1.htmlに共通のテンプレートを適用し、その中で外部CSSとしてファイルcss/style.cssを参照したい。そのときパスの指定はどうするのがいいだろうか。
テンプレートファイル内で<link rel="stylesheet" type="text/css" href="css/style.css" />のように指定したら、index.htmlからはきちんと参照できるが、sub1/sub1.htmlからは参照できない。なぜならsub1/sub1.htmlからの相対パスは../css/style.cssとなるからだ。

では<link rel="stylesheet" type="text/css" href="../css/style.css" />と指定したらどうか?sub1/sub1.htmlからは参照できるが、今度はindex.htmlから参照できなくなってしまう。

それならば絶対パスで<ink rel="stylesheet" type="text/css" href="/css/style.css" />と指定したらどうか?
このウェブサイトがウェブサーバのトップ階層にあるならこれでどちらのページからも参照できる。しかしウェブサイトがトップ以外の階層に配置されたとたん動作しなくなる。
そもそもローカルで参照できないので動作確認もままならない。

その場合、webgenのタグrelocatableを用いることで、webgenのソースフォルダsrcを起点とした絶対パスを、個々のHTMLファイルからの相対パスに変換することができる。
上記の例では、 <link rel="stylesheet" type="text/css" href="{relocatable: /css/style.css}" />のように記述すればよい。
このタグは、index.htmlから参照されたときはcss/style.css、sub1/sub1.htmlから参照されたときは../css/style.cssに変換される。

PageTop

[webgen]すべてのページに共通の属性を付与する

このページの情報はwebgen 1.4.0をもとにしています。

webgenにおいて、HTMLファイルの元となるページファイルにはmetainfo(メタ情報)ブロックを持たせることができ、そこにYAML形式で好きな属性を指定することができる。
詳細はwebgen導入メモ (3) ページ作成編[webgen]複数のコンテンツブロックを使用するあたりを参照すること。

しかし残念なことに、このmetainfoはページファイルごとに個別に指定しなければならない。
ページ共通のテンプレートを用いている場合であっても、テンプレートファイルにおいてmetainfoを定義し、すべてのページに適用するということはできない。([webgen]テンプレートを入れ子にするも参考。)
たとえばウェブサイト名を1箇所だけmetainfoに記述し、それを全ページに一括で適用するということもできないのだ。

…と言いたいところだが、実際にはそのような場合に1箇所だけmetainfoを記述してすべてのページに適用する抜け道が存在する。

続きを読む

PageTop

探偵!ナイトスクープ感想 ~勝ち、勝ち、勝ち!剣士として恥ずかしくないのか~

2017年5月19日関西地区で放映で放映された「探偵!ナイトスクープ」の感想。

【0勝70敗…剣道で夢の1勝を!】
今まで剣道で1勝もできなかった34歳の女性。
だがまだ未練があるらしく、道具も大事に持っている模様。
澤部「道具燃やしたら?」ごもっともでございますw

どうしても勝ちたいらしく、いい年した大人が老人やら3歳児やらを対戦相手に希望する…それで勝ってうれしいのかw
ちょうどうまい具合に、剣道で未勝利の8歳の息子に勝たせてやりたいという別の依頼が来ており、その息子と対決させることに。
34歳vs8歳。勝って当たり前、もし負けたら末代までの恥。ハイリスクノーリターンすぎやろw
3本勝負で8歳の子がまず一本。これはもしかするか?と期待したが、その後立て続けに一本を食らってしまい、結局負けてしまった。
8歳の子はよく頑張ったよ。総合では負けたとはいえ、あの体格差の相手に一本取ったことは誇っていい。
依頼者?知らんわw

【たった1人の親友『なかのりょうた君』を探して】
依頼者は近畿大学の学生。家に親友が遊びに来たときにその親友が皿を割ってしまった。それを境に親友が消えてしまい、LINEでの連絡もできなくなったらしい。
まさかとは思いますが、この「なかのりょうた」とは、あなたの想像上の存在に過ぎないのではないでしょうか。

一瞬そんなふうに思ったが、「なかの君」は一応実在しているらしい。理系の3回生ということだけは分かっている。学部も分からないフレンズなんだね!
大学の職員に聞いたが、個人情報は教えられないとのこと。世知辛い話だが、変なところから情報が漏れるよりはましか。

大学の「放送局」に案内放送を流してもらい呼びかけることに。案内放送が雑だなw
放送の甲斐あって当人が放送局に来たとの情報。しかし来たのは似ても似つかぬ同姓同名の別人だった。巻き添え事故感すごいなw
その後もゼミに押しかけてみたり食堂に足を運んだり。依頼者いわく「どうしたらいいのか分からん」それゼミの人のほうやろw

ようやくなかの君を知っている教員を見つけ、なかの君にたどり着くことができた。今度こそ本物だ。
連絡がつかなくなったのは、スマホのパスワードを忘れて初期化し、LINEのデータも消えてしまったためだった。
なお依頼者にとってなかの君は唯一の友達だが、なかの君には友達が多い模様。あっ(察し)

【ジャンジャン横丁は今】
大阪の下町を街頭調査。
濃いおっちゃんだらけで草w すぐ橋本探偵を拉致るし。
9時から2時半まで立ち飲みしてる爺さんとか、お祭りで肩を骨折したおっさんとか、橋本探偵の人生相談を聞いてくれるおっさんとか、自分のことを「怖ないわいっこも」と怖い顔で言う店主とか。
おばちゃんのエンカウント率も高い。

射的屋!そういうのもあるのか。夜店ぐらいでしか見たことないぞ。
全面をデコられた特製の銃すげえw

フレンドリーなのはいいがさりげなく失礼で草w
「銀シャリの連れ」呼ばわりされる橋本w この人も銀シャリなんだが。

橋本探偵だけでなくスタッフにも寿司を奢ってくれる。店員いわく「大阪人情新世界や!」
ことばの意味はわからんがとにかくすごい自信だw

しかしこれを見て大阪全体があんなのだと思われても困るな…w

PageTop

探偵!ナイトスクープ感想 ~復讐は何も生み出さないがすっきりする~

2017年5月12日関西地区で放映で放映された「探偵!ナイトスクープ」の感想。

【54歳のリストラソング】
依頼者である福岡県在住の丸木奈美さんが、自分にクビを宣告した社長に歌を聞かせたいという依頼。重いわw
依頼者は勤続26年目にして、事業縮小のため社長から鹿児島への転勤を提示された。しかし依頼者には高齢の母親がいて引っ越すことができない。なので転勤を断ったところ、クビを宣告されたらしい。
なおクビになったのは依頼者1人だけで、しかも依頼者は独身とのこと。収入の当ては…?

最初見たときは、事業縮小と言っていたので福岡の事業所が消えるのか?なら気の毒だがやむをえないな…とか勝手に思っていたが、そういう話は一切出てこなかった。まさかそんな重大な理由もなく人の人生を踏みにじる屑がいるなんて思わへんもん。
26年も継続して勤続してるのだから、今更勤務態度が著しく不良というわけでもあるまい。
まあ不当解雇だろうな。仮に違法性がなくても、収入の当てもなく年老いた母のため引越しもできない、しかも再就職も難しいだろうという非常に立場の弱い人間をあえて狙い撃ちにしたわけで倫理にもとる。控えめに言って糞。

さてそんな楽しい会社はどこかというと、埼玉県にある額縁メーカーの株式会社アルナ。(鉄道車両メーカーのアルナ車両株式会社ではないので誤解なきよう。)
さすがにナレーションや字幕こそなかったが、ばっちり社名の入った看板を映してくれた。
社内にたいそうご立派な標語が懸かっていたり、社長が人ひとりの人生を踏みにじっておいて「前向きに一歩踏み出してほしい気持ちがあった」などと綺麗事を抜かしていたのがまた腹立たしい。

そして依頼者も、直接的に会社を非難するのではなくて、あくまで思いを込めた歌を社長に聞かせたいという体裁を取っているため、会社側も断りにくかっただろう。
断っても卑怯者の烙印を押され、受けてもテレビの電波で公開処刑される。復讐としてはなかなか巧い方法だった。

この会社を公開処刑したナイトスクープと朝日放送の英断に最大級の賛辞を贈りたい。

【爆笑!小ネタ集!!】
高速まばたき世界一決定戦
1人目の男性より“チャレンジャー“の女性のほうが検証するまでもなく早いw 井の中の蛙とはこのことか。
結局6対13でチャレンジャーの勝ち。

母のクシャミは絶対安全?
真栄田探偵のくしゃみは汚いなw
お母さんは口を閉じていて全く飛ばない。
でもこれをすると耳に圧がかかる可能性があるので注意。

なんでもびっくりする女
ただのぶりっ子ですな。近頃の女性はカマトトで困る。

何が起きても驚かない男
タイトルに偽りなく冷静すぎワロタ
感情がないとでもいうのか…

千鳥のノブにそっくり?
最初出てきた人がそっくりだと思ったら本物だった件。
正直言ってそれのせいで本当のそっくりさんである依頼者の印象がかすんでしまった。それなりに似てると思うが、最初の“激似”の衝撃に比べると全く似ていない。

【小松菜を食べるとヌキヌキ?】
小学生の女子が、小松菜の炒め物を食べると頭皮のあたりに独特の感覚を感じるらしい。その感覚は本人いわく「ヌキヌキ」らしい。ある種の共感覚者と言えそう。

原理は不明だが、小松菜のえぐみ成分やら特有のにおいなどで神経が刺激され、それが頭皮の感覚神経と混信を起こしているんじゃなかろうか。
twitterの実況を見ていたらアレルギー説を唱える人が何人かいた。説得力はあるが、小松菜ジュースを飲んでも起きなかったのでおそらく違うだろう。

歌を歌いながら楽しく食べるという療法で治ってしまい、それ以降再発もしなくなった。心理的なものだったのだろうか?それとも新しい刺激によって神経回路が組みかえられたのか?
最後まで謎しか残らなかった。ここはぜひとも谷先生の解説がほしい。

PageTop

匿名の臆病者 vs 実名の卑怯者

この数日間で、twitter上で似たような趣旨のツイートを立て続けに目にしたのはきっと何かがあるのだろう。

まず1件目。社民党所属の政治家にして八王子市議会議員でもある佐藤あずさのツイート。
これは以下のツイートへの返信である。

2件目。
どちらのツイートにも「匿名での発言は実名での発言より卑怯である」という認識が垣間見える。そして、その認識に基づいて実名者は匿名者を卑怯者となじり、自分と同じ土俵に立つことを要求するのだ。だが、はたして本当にその要求は正しいのだろうかと考えてみる。

続きを読む

PageTop